とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

カメムシの発生時期、洗濯物に付いた時の対処法

time 2016/08/28

カメムシの発生時期、洗濯物に付いた時の対処法

ここ数日、洗濯物を干したり取り込んでいる嫁の絶叫をよく聞きます。

「キャー!!カメムシー!!!」

嫁につられて幼い子供達もキャーキャー言ってます(笑)(息子よ・・・カメムシ程度何とかできる男に育ってくれよ・・・)

私からすれば「ああ、今年もこの時期がやって来たか」といった感じでしょうか?

我が家は周りが自然に恵まれている地域に住んでいますので、カメムシの発生時期になると洗濯物にカメムシがくっついて知らずに家に取り込む事がよく起こります。その後の阿鼻叫喚までの流れがセットの風物詩ですね。

そこでこのページではカメムシの発生時期と、洗濯物に付着した時の対処法について説明させていただきますので是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



カメムシの発生時期

カメムシは冬眠する生き物ですので寒い冬には発生しません。暖かくなる4月頃から発生して、11月頃には少なくなってくるそうです。そして冬眠するために暖かい家に侵入してくる訳ですね。

そのためカメムシは4月頃から発生しているそうですが、森の中や葉っぱなどを散策しない限り春先や夏場に家の近くで見かける事は少ないはずです。

少し涼しくなってくる9月頃から暖かい家の周りに集まってくる習性があります。我が家の経験上でも、9月から10月頃が最も洗濯物にカメムシが付着している事が多い印象を持っています。

(ちなみに私は大阪に住んでいます)

この記事を書いている今はまだ8月ですが、ここ数日夜の気温はだいぶ涼しくなってきた感じがありますので、カメムシも我が家への進攻を始めたんでしょうね(笑)

洗濯物にカメムシがついた時の対処法

ここからはカメムシが洗濯物に付着した時に、私が実際に行っている方法を説明させていただきますね。

ティッシュペーパーを使って優しくカメムシを包み込んで捕まえましょう。これだけです。誰でも思いつくような方法ですが、色々ためして私が一番ダメージが少ないと思う方法はこの方法です。

カメムシの最も厄介な所は、みなさんもご存知の通り強烈な匂いを発生させる事です。しかし、カメムシは危険を感じない限りはこの強烈な刺激臭を発生させません。つまりこちらが危害を加えない限りは、あの強烈な刺激臭は発生しないんです。

余談ですが、旅行先のコテージでカメムシが大量発生した事がありますが、朝目覚めた時に布団の中にカメムシが数匹忍び込んでいました。しかし匂いは一切しませんでした。

このように一緒に寝るぐらい近くに人間がいても、危害を加えない限りカメムシは匂いを発生させないんですね。(流石に目覚めの気分は最悪でしたが)

洗濯物についている状態で棒や雑誌などではたいてしまうと、当然ですがカメムシはあの匂いを発生させてしまいます。洗濯物に匂いがついたらまた洗濯をし直さないといけません。

また洗濯物を取り込む時に洗濯物をはたいたり揺らしたりして、カメムシがついているかを確認される人も多いと思います。この方法は個人的にはあまりオススメはしません。

何故なら単純にあまり意味がないからです。

あいつら(カメムシ)結構洗濯物に強く付着していますよ(笑)揺らした程度では取れないですし、それでも無理やり服を揺らしていると匂いを撒き散らせる可能性があります。(被害経験あり)

カメムシの最大の被害はやはりあの強烈な刺激臭な訳ですから、出来るだけカメムシを刺激しないように捕まえるのが一番被害が少なくてすむんです。

こういった事からティッシュペーパーを何枚も重ねて、優しく包み込むようにして捕まえるのが一番確実性が高いんです。ティッシュペーパーで捕まえると、その触り心地のせいかカメムシが刺激臭を発生させる事はまずありません。

少々強引に行っても大丈夫です。

関西のローカル番組である「探偵ナイトスクープ」という番組でもこの方法は推奨されていました。(だいぶ昔の放送だったと思いますが)

実際に私が実践している方法ですので、是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。