とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

新約とある魔術の禁書目録(インデックス)18刊のネタバレなし感想

time 2017/06/06

新約とある魔術の禁書目録(インデックス)18刊のネタバレなし感想

2017年5月10日、新約とある魔術の禁書目録(インデックス)18刊が発売されました。

この本では今まで散々ラスボス臭をかもし出していた、アレイスター=クロウリーといよいよ主人公が対決する大一番となっています。

なんかもう「新約」の前の無印から数えたら、もうかなり時は流れていますので、もうそろそろストーリー進んでくれよと思っていた人は非常に多いと思いますが、まあようやく進んだ感じでしょうか?

そこでこのページでは、新約とある魔術の禁書目録(インデックス)18刊の感想を、出来るだけネタバレなしで説明して行こうと思います。

この18刊に関してはネタバレなしで説明するつもりですが、17刊までの内容に関しては何の配慮もするつもりがありませんので、ネタバレを気にする人は注意して下さいね。
スポンサーリンク


アレイスター=クロウリーしょぼくない?

今回の新薬18刊を読んでまず感じた事は、ラスボスのしょぼさ!!

え?アレイスター=クロウリーって今まで散々ラスボス臭をかもしだしていた大物ですよね?

作者があえてアレイスター=クロウリーを「人間」という枠組みの中で表現しようとしていた事は理解できますが、この作品も最近かなりインフレが進行していたので、今回の戦闘シーンは地味すぎてお世辞にも面白く感じる事はありませんでした。

最近出番が多かった「魔人」の方が圧倒的に存在感あるし、もはやだいぶ昔の話ですが「聖人」とかの戦闘力の方が圧倒的に絶望感がありましたよね。

一番盛り上がらなければいけない戦闘シーンが地味で面白くなかったというのもありますし、それ以外のシーンのほとんどはアレイスター=クロウリーの過去の回想シーン。。。

またこの回想シーンも地味で面白くない・・・

あえて普通の人間という事を表現したかったんでしょうけど、読み物としての盛り上がりに欠ける一冊だったと思います。

唯一良かった点はインデックスが若干ストーリーに絡んでくれていた事ぐらいですかね?

別にインデックス推しじゃないですけど、やっぱりタイトルに名前が出てるヒロインですからもう少し頑張らないと・・・

ラノベって面白い物だと時間も忘れて読みふけるので、購入したその日の内に読み終わる事も珍しくありませんが、この18刊は全部読むのに1週間近くかかってしまいました。

そこそこ忙しかったというのもありましたが、色々な予定を変更してまで「読みたい!」と思えなかったと言うのが正直な本音ですかね。。。
スポンサーリンク


ストーリーは動き出したので今後に期待

なんだかこの新約18刊の事はボロボロに酷評してしまっていますが、まあ今までのとあるシリーズの中でも面白い刊もあれば、イマイチな刊もあったので、今回の新約18刊はイマイチな回だったと思って割り切っています。

今までもイマイチな話はあっても、そのストーリーが後々結構な伏線になってたりとかありましたし、何よりようやくストーリーが動き出した事には少し楽しみな部分もあります。

思っていたよりも相当地味なアレイスター=クロウリーですが、終わってみればやっぱり反則のような存在ですし、主人公の右手の謎もようやく動き出した感もあります。

そのため、今回の新約18刊はイマイチな内容でしたが、振り返ってみればなかなか重要な情報の開示も多かったんじゃないですかね?

そういった様々な伏線の回収も今後あると思いますので、気長に続きを待っていたいと思います。

本当に個人的なネタバレなし感想ではありますが、興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク


その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]