とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

2016クラブW杯レアル・マドリードがクラブアメリカに勝利

time 2016/12/16

2016クラブW杯レアル・マドリードがクラブアメリカに勝利

2016年12月15日、横浜国際総合競技場で2016年度クラブワールドカップの準決勝が行われました。

対戦カードは北中米カリブチャンピオンのクラブアメリカとヨーロッパチャンピオンのレアル・マドリードとの対戦です。

この試合での私の興味は単純に2つ。やはり世界ナンバーワンのクラブであるレアル・マドリードの実力はどれだけすごいのか?具体的にはクリスティアーノ・ロナウド選手やトニ・クロース選手に注目していました。

もう一つはクラブアメリカがレアル相手にどれだけ通用するのかについてです。クラブアメリカは準々決勝でアジアチャンピオンの全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)と互角の勝負をして勝ち上がったチームですので、クラブアメリカとレアルとの対戦によってアジアと世界との差が間接的に測れます。

結果はベンゼマやロナウド選手のゴールによって2-0でレアル・マドリードの勝利。

しかし、クラブアメリカも決して怯む事なく戦った好ゲームとなりました。

そこでこのページでは、2016年度クラブワールドカップ準決勝戦、レアル・マドリードとクラブアメリカとの試合についての感想について説明させていただきますね。

興味のある人は是非参考にして下さい。
スポンサーリンク



圧倒的な攻撃力を発揮したレアル・マドリード

レアル・マドリードはやはり強かったですね。

私は知ったかぶりはしたくないので正直に言いますが、実は欧州サッカーは普段あまり見ていません。Jリーグのサッカーをこよなく愛している人間ですので、あまり欧州には詳しくないんですね。

そんな人間が見ていても、レアル・マドリードの攻撃の凄さや引き出しの多さには驚かされました。

言い方は失礼ですが在籍している選手全員が化け物ですから、どこからでも誰でも得点チャンスを作る事が出来るんですね。

個人の選手の話をしだしたらキリがありませんが、トニ・クロース選手のそのスピードでその隙間をパスで通すんかーい!と何回突っ込んだが分からないプレーや、モドリッチ選手はサイズが大きくないのに、相手をいなすプレーで守備でも攻撃でも翻弄したり、サイドバックのマルセロ選手のワンタッチでのオシャレパスに興奮したり、もうニワカ全開の感想ですが見ていて本当に楽しかったです。

もちろん、クリスティアーノ・ロナウド選手の規格外のフィジカルにも驚かされましたね。本当に良い物を見させていただきました。

しかし、この試合で失礼ながら意外と思った事は、思っていた以上にクラブアメリカがレアルと良い勝負が出来た事です。

確かにレアル・マドリードの攻撃は凄まじく、ポストにシュートが当たるシーンも何度かありましたので、点差はもっと開いていたとしてもおかしくない試合でした。

ですが、レアルの2点目は後半のアディショナルタイムにクラブアメリカがかなり強引に前に出てきた時の得点であり、90分を通して1点差以内の好ゲームだったんですね。
スポンサーリンク



攻撃は十分通用したクラブアメリカ

圧倒的な攻撃力を発揮したレアル・マドリードでしたが、守備に関してはそこまで圧倒的な物は感じませんでした。はっきり言えば、クラブアメリカの攻撃は世界トップクラスのレアルに通用していましたね。

クラブアメリカにとってもいつ得点が生まれてもおかしくないような場面は何回もありましたし、たらればを言えばキリがありませんが、その中のチャンスで得点を決めていれば勝てる可能性は十分あったんじゃないでしょうか?

レアル・マドリードは確かに強かったですが、クラブアメリカ側から見れば決して勝てない相手ではなかったと思います。

これは意外ではありますが、非常に嬉しい出来事でしたね。クラブアメリカはアジアチャンピオンの全北現代とほぼ互角の試合をしていましたので、アジアのトップレベルであれば、確かにチーム力の差は感じますが決して勝てない相手ではないのかも知れません。

それだけ世界全体のサッカーのレベル差は縮まっているんだと感じました。

ただし、こういった結果にはサッカーの相性もあると思います。

クラブアメリカはメキシコのチームらしくパスを細かく繋ぐサッカーを得意にしています。やはり高いレベルのパス回しをされると、世界最高レベルのチームであっても簡単に止めれる物ではないんでしょうね。

クラブアメリカは徹底的にGKも含めてパスを細かく繋いで、時にはワンタッチでパスを回してレアルのゴールを目指しました。これが守備を固めてカウンターを狙っていたら、レアル・マドリードの圧倒的な攻撃力にボロボロにされていた可能性もありますね。

私は決してポゼッションサッカー信者ではありませんが、こういった試合を見ていると日本のサッカー界はやはりポゼッションを目指すべきなのかなーと考えさせられます。

今後の日程

さて、ご存知の人も多いと思いますが、12月18日の決勝戦はレアル・マドリードとJリーグチャンピオンの鹿島アントラーズとの対戦です。

Jリーグをこよなく愛している私からすれば、Jリーグを代表するチームがタイトルをかけて世界最強クラブと対戦するなんて漫画のようなお話です(笑)

鹿島アントラーズは粘り強い守備とカウンター、そしてしたたかな試合運びを得意としているチームですので、レアルとの相性はあまり良くないかもしれません。

正直に言ってあの攻撃陣から90分間ゴールを守れるとは到底思えませんね。しかし、やるからには勝利を目指してほしいと思います。

みなさんも注目して下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。