とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

ぎっくり腰はサポーターやコルセットよりサラシの固定が効果的

time 2016/08/27

ぎっくり腰はサポーターやコルセットよりサラシの固定が効果的

ぎっくり腰は経験した事がある人にしか分からない非常に厄介な疾患です。人によっては全く歩く事が出来なくなります。冗談でも何でもなくトイレにすら行けないという人は実在しています。

動いた時にだけ痛みが発生するのであればまだマシな方です。ぎっくり腰がとことん重症化すればじっとしていても激痛が発生します。そのため夜寝る事も出来ずに苦しんだ経験がある人もおられるでしょう。

そんな辛いぎっくり腰ではありますが、強い炎症が治まるまで安静にしていれば改善は早まります。安静にする為にサポーターやコルセットをつける人は多いと思いますが、私は個人的にサラシでの固定の方がぎっくり腰に関しては効果が高いと考えています。

そこでこのページでは、サポーターやコルセットよりもサラシでの固定の方が良い理由と、サラシで腰を固定する事によるデメリットについて説明させていただきます。

もし現時点でぎっくり腰の症状に苦しんでいる人や、何度もぎっくり腰を経験している人にとっては役立つ知識になると思いますので是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



サポーターやコルセットは人によって相性が大きいがサラシに相性は少ない

ぎっくり腰の人がサポーターやコルセットをつける目的は腰を固定する為です。

ぎっくり腰は腰の周辺に強い炎症が急激に発生する事が特徴的な疾患です。炎症は近くの神経を興奮させ感覚を過敏にさせる特性を持っています。

神経の感覚が過敏になってしまうと痛みを感じやすくなってしまうため、少し動いただけでも大きい負担になってしまいます。

そのため腰を固定する事によって、腰が少しでも動かないようにして負担が加わらないようにするんですね。

しかし、当たり前の話ではありますが人によって体型や身長はバラバラです。もっと言えば細かい骨格の形状だって人によって違います。

サポーターやコルセットが駄目だというつもりはありませんが、サポーターやコルセットの場合はそれを付ける人の体型や身長によっては体に合わない事もあるんです。

サポーターやコルセットとの相性が悪ければ、きっちり腰を固定できません。その結果、腰全体を固定するのではなく、腰のある一箇所だけにコルセットの圧が加わる事もあります。

そうなってしまえば最悪の場合はぎっくり腰が悪化してしまいます。

実際にサポーターやコルセットをつけてより症状が悪化した人を私は何人も見てきました。正直に言ってサポーターやコルセットと体の相性は運次第です。たまたまその人の体型に合ったサポーターやコルセットであれば、ぎっくり腰にとっては非常に心強い味方になってくれます。

しかし相性が悪かった時を考えると怖いですよね?

そんな人にオススメなのが「サラシ」です!「サラシ」はその人の体型に沿って巻きつけて腰を固定するため、相性が悪いという事が起こりにくいんです。

きっちりと腰に巻けば隙間もほとんど発生せずに固定できますので、固定力も強く体を動かした時に発生する腰への負担もかなり軽減してくれます。

また非常に値段が安いです(笑)サポーターやコルセットなら安物は不安ですし、しっかりした物なら数千円以上は確実にします(値段はピンきりです)

「サラシ」は数百円以内で買える物がほとんどですので、お財布にも非常に優しいんです。今の時代なら通販でも簡単に買えますので、もし頻繁にぎっくり腰を発生させるのであれば家に常備しておくのも良い手段だと思います。

サラシのデメリット

上記では「サラシ」について賞賛するような文章を書いてしまいましたが、当然「サラシ」にもデメリットは存在します。

ここからは「サラシ」のデメリットについて説明させていただきますね。

体に巻くのがすごく面倒くさく、またはずすのにも時間がかかります。「サラシ」のデメリットは正直に言ってこれだけです。「サラシ」のデメリットって本当にこの面倒くさいぐらいしかありませんが、このデメリットは結構強力です。

サラシの場合はトイレに行く時とかも、一度巻いたサラシをはずさなければいけません。はずすと当然もう一度体に巻きなおさなければいけないんですね。この作業は本当に地味ですが精神的に結構辛いものがあります。トイレは普通に生活していれば一日に何回もいきますから。その度に巻き直さないと駄目なんです。

また、一度体からはずしたサラシを体に巻きなおすには、サラシ自体を綺麗に巻きなおさなければいけません。この一連の流れを行おうとすると慣れていても10分前後の時間は確実にかかります。

逆に言えば、市販のサポーターやコルセットのメリットは装着やはずすのが簡単という部分になるでしょう。

ただし、本当に固定力に関しては市販のサポーターやコルセットとは比べられない程安定しますので、もしご自分の腰の事を最優先に考えるのであれば、数日間ぐらいの面倒くささは我慢して症状の改善を優先された方が良いかとは思います。

コルセット、サラシ、どちらを選択するにしても、ぎっくり腰に関しては患者さんが安静にしてくれるかどうかが症状の改善に密接に関わりますので、是非このページを参考にして下さいね。
スポンサーリンク



おすすめの記事

ぎっくり腰にバキボキする整体やカイロプラクティックは危険

水泳やプールで泳いだ後に腰痛が発生する人の原因や注意点

腰痛や膝に負担が少ないお風呂のイスの理想的な高さは?

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。