とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

サッカー日本代表戦の審判がおかしい!?日本対タイの中東の笛

time 2016/09/07

サッカー日本代表戦の審判がおかしい!?日本対タイの中東の笛

ロシアワールドカップ最終予選の初戦で、ホームにも関わらずまさかの敗戦スタートを切ったサッカー日本代表。2016年9月6日アウェーでタイとの第2戦が行われました。

日本は前回のUAE戦の先発から、岡崎、大島、清武をはずし、浅野、原口、山口を投入する布陣でタイに挑みました。岡崎を先発からはずすのも山口の先発も全くの予想外でしたね。

結果は2-0で日本の勝利。昨今のタイのサッカーの成長は目まぐるしい物がありましたので、正直に言って試合前は最悪の事態も懸念していましたが、90分通して日本が試合を支配しての完勝でしたね。

もっと点を取れたような気もしますが、この試合は勝つことが何より大事な事でしたのでまずは一安心です。

しかし、勝った試合ではありましたが前回の試合と同じように、またまた不可解な判定が「中東の笛」によって発生しました。

そこでこのページでは繰り返される「中東の笛」と、UAE戦から変わって先発した選手達の説明を簡単にさせていただきたいと思います。

日本代表に興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



繰り返される中東の審判による疑惑の判定

あまり審判の悪口は言いたくありませんが、この試合でも明らかに不可解な判定がありましたね。前半に日本代表DFの森重が、ボールの空気圧をチェックしてほしいと審判に要求。結果は森重にイエローカード。

森重にイエローカード!?

私は今までそれなりにサッカーの試合を見てきましたが、こんな事でイエローカードをもらった選手を初めて見ました。日本が1点リードしていましたが、まだ前半ですから遅延行為によるイエローカードも考えにくいでしょう。はっきり言ってあの行為の何に対してカードが出たのか理解が出来ません。

以前にも疑惑の判定を行った事がある主審

実は今回の日本対タイ戦の主審を務めたイラン人のモフセン・トーキー氏は、以前にも日本代表戦の試合で疑惑の判定を行った人物でもあります。

2011年1月のアジアカップのシリア戦、相手のパスはオフサイドにも関わらず、オフサイドの選手をゴールキーパーの川島が倒した事によって川島は退場、更にシリアにPKが与えられました。結果的にこの試合はその後に日本が勝ち越しゴールを決めて勝利しましたが、当時かなり話題になりインターネット上でもモフセン・トーキ氏の名前は有名になりました。

そのため、今回のタイ戦で主審の名前がモフセン・トーキー氏と発表された時に嫌な予感をされた方も多いのではないでしょうか?私は「ああ、あの時のあいつか・・・」と思いました(笑)

中東が有利過ぎないか?

さて、先ほども説明したように今回のタイ戦にも日本代表に対して不可解な判定がありました。

あまり憶測で変な事を言ってはいけませんが、サッカーというスポーツは審判が買収され、買収された審判が何者かの意図に沿って試合をコントロールするという事はあり得ます。実際にそういった事が判明して逮捕された審判は世界にたくさんいますので。

前回のUAE戦の審判も「中東」の人間であり、あの不可解な判定のせいで日本は「中東」のUAEに負けてしまいました。また今回対戦したタイも初戦は「中東」のサウジアラビアに疑惑のPKによって敗退しています。考えすぎかも知れませんが、今回の日本対タイ戦での審判も「中東」の人間であり、もしこのタイに日本が負けていれば得をするのは「中東」のライバルチームです。

先ほども言いましたが、憶測であまり陰謀論のような事は言いたくありません。しかし、まだたった2試合しか行われていないにも関わらず「中東の笛」によって中東のチームが得をするような状況が続いているのは、やはり少し考えなければいけないと思います。

こういった事を負けた試合の後に言うとただの言い訳ですが、今回のように勝った後だからこそ日本サッカー協会は何らかの働きかけをサッカー連盟に行っていくべきでしょう。

采配大当たり!UAE戦から変わって入った選手が大活躍

タイ戦はUAE戦から変わって入った3選手が大活躍しましたね。

先制ゴールを入れた原口元気選手は、Jリーグの浦和レッズの下部組織からプロになり、今はドイツのヘルタベルリンでプレーしている選手です。Jリーグでプレーしていた時は自己中心的なドリブラーというイメージがありましたが、ドイツに行ってかなり献身的な守備が出来る選手に成長したようですね。今回のタイ戦でも先制ゴールだけではなく、献身的な守備でチームを救ってくれました。

追加点を入れたのは、これまた変わって入った浅野拓磨選手。正直に言って岡崎選手に変えて浅野選手が先発するとは思っていなかったのでちょっと意外でした。浅野選手は最近ドイツに移籍したばっかりですので今回の結果をプラスに捉えて活躍してもらいたいですね。

山口蛍選手について

一番予想外だったのがボランチで先発した山口蛍選手。ご存知の人も多いかも知れませんが、山口選手はドイツに移籍しましたがたった半年で古巣であるセレッソ大阪に復帰。全くドイツで活躍する事が出来ず、また日本に帰った理由が「ホームシック」という事で多くのサッカーファンから批判をうけていました。

そのため、今回A代表に選ばれたことすら疑問に思われていましたし、私もはっきり言って意外でした。復帰したセレッソ大阪でのプレーを見ていても、代表に選ばれる程のプレーをしているようには思えませんでしたし、実際に山口選手自身も、代表に選出されるとは思っていなかったという趣旨のインタビューが以前サッカーの記事に出ていましたね。

しかし、蓋を開けてみればことごとくタイの攻撃の芽を摘む大活躍を見せてくれました。

日本代表FW浅野拓磨選手がドイツ2部シュツットガルトに移籍 の記事でも軽く触れていますが、私は山口選手が「ホームシック」によって日本に帰って来た事を笑う気持ちにはなれません。Jリーグでも実力を持った外国人選手が、日本の生活に馴染む事が出来ずにチームを退団するという事は決して珍しくないからです。

山口選手にとってはドイツ移籍は苦い経験になってしまったと思いますが、Jリーグしか経験していないのに日本代表のボランチを長く支えた遠藤保仁選手のように、Jリーグでもサッカー選手として成長する事は可能なんです。

偉そうな事を言っている私も、今回山口選手が活躍するとは思っていませんでした。私も含めて山口選手を笑った人間達全員を、山口選手には今後Jリーグと代表で見返してほしいと思います。

次の代表戦の日程

次回の代表戦の日程は10月6日ホームでイラク戦が開催されます。

イラクは現時点で2連敗。日本が勝てばほぼイラクの予選敗退は決定でしょう。厳しい戦いが続きますが次も楽しく情報を発信していきたいと思います。
スポンサーリンク



おすすめの記事

日本代表FW浅野拓磨選手がドイツ2部シュツットガルトに移籍

日本代表はUAEに敗戦。初戦の敗戦は予選突破確率0パーセント

W杯アジア最終予選。原口、山口の得点で日本代表がイラクに勝利

アウェーでオーストラリアに引き分け。ハリル監督の解任はなしか

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]