とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

2016年度J2昇格は大分トリニータ!栃木SCが入れ替え戦へ

time 2016/11/20

2016年度J2昇格は大分トリニータ!栃木SCが入れ替え戦へ

2016年11月20日、J3の最終節が各地で行われました。

J3からJ2の昇格はなかなか敷居が高く、自動昇格できるのはJ2ライセンスを与えられたチームの中で、J3の年間順位で1位になったチームのみ。

2位のチームはJ2の21位とのチームの入れ替え戦にまわり、その入れ替え戦で勝利しなければJ2に昇格する事が出来ません。

最終節前の時点でJ2昇格の可能性があるのは大分トリニータ、栃木SCの2チームのみ。

共に勝ち点58で並んでおり、得失点差で大分トリニータが1位、栃木SCが2位という大混戦状態でした。

正にこの最終節の結果によって天国と地獄が分かれる大一番でしたが、大分トリニータが勝利し栃木SCが引き分けに終わった事により、J2に自動昇格するのは大分トリニータに決定!

2位でシーズンを終えた栃木SCはJ2・J3の入れ替え戦にまわる事になりました。

そこでこのページでは、J2昇格が決定した大分トリニータと、惜しくも入れ替え戦にまわる事になった栃木SCについて簡単に紹介したいと思います。

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



主力選手の多くが去った大分トリニータが1年でのJ2復帰に成功

大分トリニータと言えばほんの数年前(2013年)にはJ1に所属しており、過去にはナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)のタイトルを獲得した事もあり、地方クラブとしては過去に成功を収めた事のあるクラブでもあります(その後に深刻な経営問題が発覚しましたが)

J1やタイトルの獲得を経験しているチームが、2015年度にJ3に降格した事は非常にショックでしたし、その年の主力選手の多くが退団した事により、J3への降格の厳しさを思い知りました。

前年の多くの主力選手が退団して厳しいシーズンの始まりになりましたが、栃木SCとの大混戦を制して無事に1年でのJ2昇格を成し遂げましたね。

この2016年度のJ2昇格に最も貢献したのは、この年から監督に就任した片野坂 知宏(かたのさかともひろ)監督で間違いないでしょう。

トップチームの監督をするのはこの大分トリニータが初めてですが、指導者としての評価はこれまでも非常に高い物がありました。

2007年からガンバ大阪のコーチに就任し、その後の数年間で数々のタイトル獲得に貢献。その後はサンフレッチェ広島のコーチに就任し、2度のリーグ優勝にも貢献。2014年には再びガンバ大阪のヘッドコーチに就任し、国内3冠達成にも貢献。

そして初のトップチームの監督として大分トリニータをJ3優勝に導きました。経歴を聞くだけでもとんでもない人物だという事がよく分かります。

実は2016年度に関しては、ガンバ大阪U-23というガンバ大阪のセカンドチームの監督というオファーもありました。

監督就任のリスクとしては、若手主体で成績よりも育成を優先するガンバ大阪のセカンドチームで監督をした方が、リスクは低かったと思います。(Jリーグでは一度でも監督として失敗の烙印を押されるとなかなか次のチャンスをもらえにくい印象がありますので)

そんな中、大分トリニータからのオファーを選び、あえて自分から厳しいチャレンジを選択した姿には素直に賞賛したいと思いますし、J3優勝を勝ち取った瞬間の蹲りながら泣く姿には見ているこちらも泣きそうになりました。

私はガンバ大阪のサポーターですので、本音を言えば片野坂さんにはガンバ大阪に帰ってきてほしいんですけどね(笑)

2016年度の大分トリニータを見る限り、20代前半の若手選手の台頭が何人も見えるチームですので、2017年度のJ2での躍進に期待したいと思います。

大分トリニータさん、片野坂監督、本当におめでとうございます。

6月から最終節直前まで首位をキープしていた栃木SC

栃木SCと言えば、毎年のようにJ2のプレーオフ圏内である6位前後を争っていて、最後に惜しくも6位以内に入れないJ2のチームという印象を私はずっと持っていました。

決してJ2の中でも弱いという印象はなかった栃木SCでしたが、2014年の経営問題が尾をひいたのか、2015年はメンバーが大きく入れ替わった事によってJ3に降格。

2016年度は大分トリニータと同じように1年でのJ2昇格を目指していました。

安定した守備力を武器に、6月以降はずっと首位をキープしていましたし、一時は2位以下と勝ち点差も大きく離れていた事もあり、J2自動昇格はほぼ間違いなしと考えられていました。

しかしJ3の最終節の前節で対戦したAC長野パルセイロ戦の結果によって、6月からずっと守っていた首位を大分トリニータに明け渡してしまいました。

このAC長野パルセイロ戦での敗戦は本当にサッカーの怖さを思い知らされる試合でしたね。この試合は栃木SCのホームで行われた試合でしたし、他会場の結果によってはJ2昇格が決定する試合でもありました。

そういったホームでJ2昇格を決定したいというメンタルが働いたのか、最後まで攻め抜くのかいつも通り守備を重視するのかあやふやになってしまいましたね。その結果、アディショナルタイムにAC長野パルセイロに痛恨の得点を決められてしまい敗戦。

得失点差などを考えれば、あの試合は引き分けで最終節に挑むだけでも栃木SCはかなり有利な立場で戦えたはずなんですけども・・・

J2・J3の入れ替え戦に勝利すれば栃木SCはJ2昇格できる

2016年のJ3シーズンで惜しくも2位になった栃木SCですが、まだJ2昇格の可能性は残されています。

その方法とはJ2・J3の入れ替え戦です。

J3で2位となったチームは、J2の21位となったチームとホーム&アウェーで2回対戦します。その結果によって次年度の2017年度にJ2に所属するチームが決定します。

2016年度のJ2の21位はツエーゲン金沢に決定しました。

つまり2016年度のJ2・J3入れ替え戦は栃木SC 対 ツエーゲン金沢に決定しました。

日程は第1戦が11月27日(日)、第2戦が12月4日(日)となります。

Jリーグに興味のある人は是非注目してくださいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]