とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

2016年J1自動昇格はコンサドーレ札幌と清水エスパルス!

time 2016/11/21

2016年J1自動昇格はコンサドーレ札幌と清水エスパルス!

2016年11月20日、J2リーグの最終節が各地で行われました。

例年では珍しく、最終節の時点でJ1に自動昇格するチームが一つも決まっていないという状態での最終節でした。

最終節の結果によってJ1自動昇格の権利が得られる2位以内に入れるの可能性のあるチームは、コンサドーレ札幌、清水エスパルス、松本山雅FCの3チーム。

どのチームも優勝の可能性もあれば、J1自動昇格を逃がしプレーオフにまわる可能性もある正に大混戦でした。

コンサドーレ札幌は引き分けた事によってJ2優勝が決まり、無事にJ1自動昇格が決定。清水エスパルスも勝利した事によって2位が決定し、J1自動昇格が決定。松本山雅FCも勝利しましたが得失点差で惜しくも清水エスパルスには届かず3位となり、J1自動昇格を得る事は出来ませんでした。

そこでこのページでは、J1自動昇格の権利を手に入れたコンサドーレ札幌と清水エスパルスの2016年シーズンの戦いぶりと、2017年のJ1での展望について簡単ではありますが説明したいと思います。

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



終盤は失速するも3度目のJ2優勝を果たしたコンサドーレ札幌

2016年度のコンサドーレ札幌はシーズン序盤の早い段階で首位となり、そのままずっと首位をキープしながらのJ2優勝となりました。

ありきたりな感想になってしまいますが、この2016年度を振り返った時にJ2優勝とJ1昇格に最も貢献した選手と言えば、チーム得点王の都倉 賢(とくらけん)選手で間違いないでしょう。

得点も取れるしポストプレーも守備も出来る選手ですので、彼なしでコンサドーレ札幌の攻撃は成り立たないほどの存在感でした。

また、コンサドーレ札幌は育成クラブとしても着々と成長しており、2016年度のチームの中にもコンサドーレ札幌の下部組織出身の若い選手が何人も活躍していましたね。

特にボランチの深井 一希(ふかいかずき)選手は素晴らしいと思いました。終盤のコンサドーレ札幌の失速にも、彼のケガによる離脱が大きく関わっているだろうなと感じるほど重要な選手になりましたね。

J1で成功するかどうかは都倉選手の活躍にかかっている

今までのコンサドーレ札幌は、J1に昇格してはJ2への降格を繰り返す事により、「エレベータークラブ」と揶揄されてきました。

そんなコンサドーレ札幌が2017年度のJ1リーグを戦い残留を果たすためには、エースFWの都倉 賢(とくらけん)選手の活躍にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

都倉選手は2009年のJ2のザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)で20得点以上もゴールを挙げた事によって評価され、当時J1だったヴィッセル神戸に移籍した過去があります。

しかし、残念ながらJ1では十分な成績を収める事は出来ませんでした。(FWではなく2列目のサイドで使われる事もありましたね)

今回もコンサドーレ札幌で3年連続でJ2で二桁得点を達成しているように、J2に関しては安定して好成績を出す事を証明している選手ではありますが、J1に関してはやはり未知数な部分があります。

都倉選手にとっては2度目のJ1挑戦になりますが、コンサドーレ札幌のJ1残留のためにも活躍してほしいと期待したいですね。

選手層を厚くしなければJ1では厳しいのでは?

また、2016年度のコンサドーレ札幌は序盤、中盤では圧倒的な成績で首位を独走していました。しかし終盤になって主力選手の数人がケガによって離脱してからは大きく失速してしまい、結局J1自動昇格が最終節まで決められない所まで追い込まれました。

正直に言って終盤の勢いでJ1昇格プレーオフにまわっていた場合は、J1昇格はかなり怪しかったと思います。

主力のケガによってチーム力が下がる事は仕方ない事だと思いますが、コンサドーレ札幌の場合はその差が顕著でしたね。

主力にけが人が発生したとしても、ある程度戦える選手層を整えなければJ1残留は難しいのでは?と感じました。主力が揃っている時のコンサドーレ札幌の強さが凄かった分、終盤の失速には逆の意味で驚かされましたね。

なにはともあれ終盤に失速したとは言っても、シーズン通して最も良いサッカーをしたのはコンサドーレ札幌で間違いないと思いますので、2017年度は良いサッカーで無事にJ1に残留してもらいたいと思います。

小林 伸二(こばやししんじ)監督にとっては4回目のJ1昇格となった清水エスパルス

終盤に失速したコンサドーレ札幌に比べると、清水エスパルスは逆にシーズンの序盤は非常に苦しんでいましたが、中盤以降から終盤にかけては圧倒的な強さで追い上げでJ1自動昇格の権利を見事に手に入れました。(最後は9連勝)

FWのチョン・テセ選手が得点王のタイトルを獲得しJ1昇格に大きく貢献しましたが、このJ1昇格に最も貢献した人物と言えば、2016年度から清水エスパルスの監督に就任した小林 伸二(こばやししんじ)監督でしょう。

見出しでも触れていますが、これで4回目のJ1昇格を成し遂げました。しかも4チームとも全て別々のクラブチームでの達成です。これは見事としか言いようがありませんね。

序盤は小林監督の戦術が浸透するまでに少し時間がかかりましたが、ある程度浸透してからはJ2では圧倒的な強さで追い上げました。また若手選手やベンチに控えている選手の能力も底上げされており、惜しくも敗れた天皇杯4回戦ではサブメンバー中心でJ1の上位チームであるガンバ大阪に対して延長戦までもつれ込むなど、選手層の厚さを証明しましたね。

惜しくも2位でシーズンを終えましたが、2016年度のJ2のチームの中では最も完成度の高いチームと言っても過言ではないのではないでしょうか?

今の清水エスパルスは守備は安定しているが、決して守備的なチームではない

小林監督の戦術の特徴と言えば、まずは守備をしっかり安定させるという印象を持っています。これは攻撃的な選手であっても例外ではありません。

しかし、2016年度の清水エスパルスは決して守備だけのチームではなく、圧倒的な攻撃力も備えていました。(失点数は3位、得点数は1位)

攻撃パターンもパスを繋いで崩す事も出来れば、個のドリブルによって崩す事も出来れば、サイドアタックからも得点が取れるなど、どんな形でも崩す事の出来る柔軟なチームでした。

過去に小林監督が指揮してJ1に昇格した事のあるチームは、財政的にも余裕がなく、守備を重視してカウンターで得点を狙うというチームが多かった印象ですが、その印象をこの清水エスパルスでは見事に払拭しました。

J1でもいきなり躍進する可能性も秘めている

何だかべた褒めな印象を与えるかもしれませんが、2016年度の清水エスパルスはJ1でも面白い存在になる可能性は十分ありえると思います。

過去にもJ2から昇格した直後のチームがタイトル争いやタイトルを獲得した事があったと思いますが、清水エスパルスにはJ1残留ではなくて、出来るだけ上を目指してほしいチームです。それぐらいの可能性を感じるほど2016年度のチームの完成度は素晴らしかったですね。

ここまでべた褒めすると気がつかれるかもしれませんが、私は個人的に小林 伸二(こばやししんじ)監督の事が大好きです。そのため彼がタイトルを取る所を見てみたいんですね(笑)

そのため、清水エスパルスの躍進に関しては願望も入っています。

今の時点でも評価は高いと思いますが、もっともっと評価が高くて良い監督だと思うんですよ。過去にJ1昇格させたチームのほぼ全ては財政的にJ1で戦うのは非常に厳しいチームばかりでした。

それでも2009年のモンテディオ山形では2年連続でJ1残留させたんですよ。当時のモンテディオ山形の選手でJ1での出場経験があるのは古橋選手と石川選手ぐらいでしょ?何で覚えているかって、それぐらい計算できる選手が少なかったからです。(正確に調べていないのでもう少しいる可能性もあり)

J1で3年目のモンテディオ山形や徳島ヴォルティスに関してはJ2に降格させてしまった監督でもありますが、そもそもJ1で戦うには少し厳しい戦力だったと思いますので、これを監督の評価に繋げるのは少しフェアではないと思います。

ようやくJ1でそこそこ戦える経営規模を持つ清水エスパルスでのJ1挑戦になりますので、そういったチームを小林監督が率いた場合、J1でどこまでやれるものなのか?こういった部分は非常に楽しみにしています。(以前にセレッソ大阪でタイトル争いに関わった事のある監督でもありますが)

みなさんも、小林監督率いる清水エスパルスのJ1での躍進に注目して見て下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。