とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

2016クラブW杯鹿島アントラーズがマメロディ・サンダウンズに勝利

time 2016/12/12

2016クラブW杯鹿島アントラーズがマメロディ・サンダウンズに勝利

2016年12月11日、クラブワールドカップの準々決勝が吹田スタジアムで行われました。

この日行われた試合は開催国枠で出場しているJリーグチャンピオンの鹿島アントラーズと、アフリカチャンピオンのマメロディ・サンダウンズとの対戦となりました。

Jリーグチャンピオンの鹿島アントラーズは歴代のJリーグのチームの中で最も多くのタイトルを獲得している名門チームであり、対するマメロディ・サンダウンズは攻撃力が規格外という前評判のあるチームです。

結果はJリーグチャンピオンの鹿島アントラーズが2-0で見事に勝利し、無事に準決勝へと駒を進める事に成功しました。

2-0と聞くと鹿島アントラーズの完勝のような気がしますが、内容を見る限りはマメロディ・サンダウンズは決して弱いチームではありませんでした。

そこでこのページでは、2016年度クラブワールドカップ準々決勝、鹿島アントラーズとマメロディ・サンダウンズとの試合についての結果と感想について簡単に説明させていただきます。

サッカーに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



前半戦は完全にマメロディ・サンダウンズが主導権を握る

この試合の前半戦は見出しでも書いているように完全にマメロディ・サンダウンズのペースで試合が進みました。

もう文字で説明するのが生ぬるいほどの、圧倒的にマメロディ・サンダウンズが攻撃してそれを鹿島アントラーズが何とか防ぐという時間が45分間ずっと続きましたね。

データ上でも前半戦でのマメロディ・サンダウンズのシュート数が10本に対して、前半戦の鹿島アントラーズのシュート数は何と0本。

シュート数0本!?

これを聞いただけでもどれだけ一方的な前半戦だったかは分かると思います。

前評判通りの攻撃力は凄まじく、アフリカ人の特徴であるスピードがとにかく速い速い。何度ディフェンスラインの裏を取られたか分かりません。同じタイミングでスタートを切ってもやはりスピードでは歯が立たないですね。

また、決して身体能力だけではなく足元のテクニックも素晴らしく、更に攻撃面での連携も素晴らしく、個人での突破というより連携面でしっかりと崩されるシーンが目立ちました。

GK曽ヶ端 準(そがはたひとし)選手の大活躍によって前半戦は無失点に

これだけ圧倒的なマメロディ・サンダウンズの攻撃だったのに対し、鹿島アントラーズが無失点で前半戦を折り返せた理由はたった一つです。

鹿島アントラーズのGK曽ヶ端 準(そがはたひとし)選手のプレーがキレキレでした。もう当たりまくっていましたね。

彼の活躍だけで前半戦のマメロディ・サンダウンズの猛攻を一体何点防いでいたでしょうか?確実に3点、贔屓目に見れば4点は防いだはずです。

シュートストップのシーンをスローモーションのリプレイ映像で見ても、その全てがきっちりゴールの枠を捉えている素晴らしいシュートだっただけに、彼のこの試合の貢献度は凄まじいものでした。

鹿島アントラーズ一筋のベテラン選手であり、近年は衰えを指摘される事も多く、近年では鹿島アントラーズが若手の有望なGKにオファーをする事を増えている事から、もしかしたら近い将来に引退や鹿島アントラーズから移籍する日も近いのかな?と思っていましたが、この日の試合を見る限りはまだまだ鹿島アントラーズに必要な選手だと思わされましたね。

後半戦は一転して鹿島アントラーズが主導権を握った試合になった

前半戦は圧倒的にマメロディ・サンダウンズのペースだっただけに、後半戦はどうなるのかと思った人も多いと思いますが、普段からJリーグを見ている人間からすると、「この試合はもしかして鹿島アントラーズペースなんじゃないか?」と思っている人もおられたと思います。

鹿島アントラーズのチームとしての最大の特徴は、内容が悪かろうがなんだろうが結果的に勝ちきる勝負強さが売りのチームです。

また、この試合でもエースの金崎選手がベンチスタートとなっており、明らかに前半戦は耐えて後半勝負に持ち込む作戦が透けて見えましたね。

その目論見通り、後半戦は前半戦とは違って鹿島アントラーズが主導権を握り試合が進みました。

鹿島アントラーズが後半戦からギアを上げた事もありますが、前半戦に攻め込んだマメロディ・サンダウンズのスタミナが切れ、明らかに足が止まっていたのも一つの理由でしょう。

そして後半途中に交代で入った金崎選手や鈴木選手が得点やアシストで貢献し、結果的に終わってみれば2-0の完勝という結果になりました。

終わってみれば流石は鹿島アントラーズだなと思えるような試合でしたが、何より作戦通りに結果を出した石井監督の手腕が素晴らしいですね。

しかし、前半戦の内容を見る限りは完敗してもおかしくないような展開だっただけに、この試合の勝利に最も貢献したのはGKの曽ヶ端選手で間違いないでしょう。

そして敗れたマメロディ・サンダウンズもとても強い素晴らしいチームでした。

今後の日程と対戦カード

この準々決勝の結果により、勝利した鹿島アントラーズは12月14日の準決勝で、南米チャンピオンのアトレティコ・ナシオナルと対戦する事が決定しました。

Jリーグのファンからすると、ヨーロッパチャンピオンか南米チャンピオンのチームのどちらかと対戦するまでが、クラブワールドカップに出場したチームのノルマだという印象がありますので、まずは鹿島アントラーズにはそこまで到達した事に対して感謝をしたいと思います(私は一体何様なんですかね)

やはり世界でもトップレベルのチームとJリーグのチームが対戦すればどこまでやれるのか?そしてその事を一般のサッカーファンにどうアピール出来るかが重要になりますので、最低限は対戦する所までは敗退してほしくないという感情があるんですね。

昨年のクラブワールドカップに出場したJリーグのサンフレッチェ広島も、南米チャンピオンに敗退してしまいましたが、決して勝てないほどの差は感じませんでした。

中2日という過密日程が続きますが、この試合でもエースの金崎選手や、前の試合で先発した小笠原選手、ファブリシオ選手、ファン・ソッコ選手などを先発メンバーからはずしたのは、間違いなく準決勝を見据えての判断だと思います。

とは言っても、勝つのはなかなか難しい相手だとは思いますが、鹿島アントラーズには何とか頑張ってほしいと思います。

この準決勝で敗れたマメロディ・サンダウンズは、同じく12月14日の5位決定戦でアジアチャンピオンの全北現代と対戦します。

この試合も非常に面白い試合になると思いますので、興味のある人は是非注目して下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。