とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

アウェーでオーストラリアに引き分け。ハリル監督の解任はなしか

time 2016/10/12

アウェーでオーストラリアに引き分け。ハリル監督の解任はなしか

2016年10月11日、オーストラリアのメルボルンでロシアワールドカップアジア最終予選が行われました。

結果は原口元気選手の3試合連続ゴールなどで先制しましたが、後半に同じく原口選手のファールによってPKを与えてしまい、1-1の引き分けとなりました。

アジア最終予選の初戦をホームでUAEに負けて以来、現在日本代表の監督をしているハリルホジッチ監督を解任するべきではないか?という声が色んな所から聞こえてきますが、今回のオーストラリア戦の結果によってしばらくはハリルホジッチ監督の解任はなくなったと思います。

そこでこのページではオーストラリア戦の簡単な感想と、今後のハリルホジッチ監督の解任の可能性について説明させていただきますね。

日本代表のサッカーに興味のある人は是非参考にして下さい。

数年ぶりの本田ワントップが機能

サイドバックの酒井宏樹(さかいひろき)選手がイエローカードの累積により出場停止、同じくサイドバックの長友佑都(ながともゆうと)選手が練習中のケガによってチームを離脱。更に前回のイラク戦で先発出場した岡崎慎司(おかざきしんじ)選手もケガによりベンチスタート。元々ドイツでプレーしている武藤嘉紀(むとうよしのり)選手や宇佐美貴史(うさみたかし)選手もケガにより招集されていませんので、実は今回のオーストラリア戦は予想以上に厳しい状況の中で試合が行われました。

イラク戦の先発メンバーで変わったのはサイドバックに槙野智章(まきのともあき)選手、ボランチに山口蛍(やまぐちほたる)選手、トップ下に香川真司(かがわしんじ)選手、2列目のサイドに小林悠(こばやしゆう)選手の4人です。

今回の試合で最も驚いたのは本田選手を数年ぶりにワントップで起用した事。岡崎選手がケガをしていたという理由もありますが、この起用が見事にはまりました。

前線で本田選手がしっかりキープをしてくれれば、2列目の選手や中盤の選手が前を向いてプレーする事が出来ます。日本の強みは2列目や中盤の選手だと思いますので、優秀な中盤の選手たちがプレーしやすい環境を作ると日本は相手からしても厄介な存在になれるでしょう。

原口選手の先制ゴールも本田選手のアシストによって得た得点です。

選手の台所事情が苦しい中での策ではありますが、今後は前線にキープ力のある選手を起用する事は一つのオプションになるんじゃないでしょうか?

振り返ってみれば、南アフリカワールドカップでも当時の岡田監督はキープ力のある本田選手をワントップに起用しましたし、その後任のザッケローニ監督もワントップに前田遼一(まえだりょういち)選手や大迫勇也(おおさこゆうや)選手など、キープ力にすぐれた選手を起用しています。

今回の本田選手のワントップの活躍を見る限り、日本にはこういった戦い方が合っているように感じました。
スポンサーリンク



現状の結果でハリルホジッチ監督を解任するべきではない

この試合はPKによって失点してしまい、引き分けという結果になってしまったんですが、私はこの結果は決して悪くないと思います。

オーストラリア戦が行われた翌日にこの記事を書かせて頂いていますが、一晩空けてスポーツ誌の多くはハリルホジッチ監督の解任について報道していますね。

私もハリルホジッチ監督の事を好き嫌いで判断すればあまり好きではありません。また、試合内容も面白いとは思いません。(むしろつまらない方だと思います)

しかし、スポーツのプロは結果が全ての世界だと思いますので、現状ではハリルホジッチ監督を解任するべきではないと思います。

少なくとも今回のホームでのイラク戦、アウェーでのオーストラリア戦の「結果」を見る限りは合格ラインでしょう。

ホームのイラク戦ではギリギリではありますが勝利していますし、オーストラリアに関しては今までワールドカップの予選では勝った事がない相手なんです(アジアカップなどでは勝利しています)。そういった相手にアウェーで引き分けという結果は十分ですよ。

内容が気に入らないと言う人もいると思いますが、オーストラリア戦に関してはむしろ内容は褒めるべきでしょう。90分間通して危険なシーンは原口選手がファールをした場面の1回のみです。

それ以外は完全に相手を封じ込めていました。もちろん守備的な戦術をつまらないと思う人も多いと思いますが、それは好みの問題であって、少なくともアウェーのオーストラリア戦に関しては内容は褒めるべき部分の方が多かったと思います。

また、今回の失点もPkでの失点でしたので、まだセットプレー以外の失点はアジア最終予選ではしていないんですよね。

面白いかつまらないかという議論は置いて、4試合を終えて流れからの失点がないというのは、ある程度評価して良いと思います。

負けられない戦いは続く

別会場ではサウジアラビアがUAEに3-0で快勝しました。この結果によりサウジアラビアが勝ち点10で首位、オーストラリアが勝ち点8の2位、日本が勝ち点7の3位、UAEが勝ち点6の4位となっています。

ワールドカップに無条件で出場できるのは2位以内(3位はプレーオフにまわる)のため、次にホームで戦うサウジアラビアには絶対勝たなければいけません。

日本がワールドカップに出場するためには引き分けも許されない状況です。文字通り絶対に負けられない戦いは続く訳です。

私は現時点でハリルホジッチ監督を解任するべきではないと考えています。それは現時点での「結果」に関しては満足はしていないにしても、解任するほど悪くはないと思うからです。

しかし、次にホームで行われるサウジアラビアに勝利出来なかった場合は解任もあり得るでしょう。

それだけ重要な一戦になるはずです。引き分けでも解任はあり得ると思います。

次回のホームでのサウジアラビア戦は11月15日(火)に行われます。その次のアウェーでのUAE戦は2017年の3月23日に開催されます。

日程を見れば分かるように次のサウジアラビア戦の後には少し時間が空く訳ですね。時間が空くという事はもし監督を交代した場合、準備がしやすいという事でもあるんです。

つまり、もしハリルホジッチ監督を解任して監督を交代するのであれば、次のサウジアラビア戦の後がベストなタイミングになります。

逆に言えば、このタイミングで解任がなければ最後までハリルホジッチ監督でいくでしょう。

それだけホームでのサウジアラビア戦は重要な一戦になります。みなさんも注目して応援して下さいね。
スポンサーリンク



おすすめの記事

日本代表はUAEに敗戦。初戦の敗戦は予選突破確率0パーセント

サッカー日本代表戦の審判がおかしい!?日本対タイの中東の笛

鹿島アントラーズの永木亮太が日本代表初選出

横浜Fマリノス斎藤学(さいとう まなぶ)が日本代表に追加召集

W杯アジア最終予選。原口、山口の得点で日本代表がイラクに勝利

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]