とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

長引く太ももの痛みにストレッチは危険!何科に相談するべきか?

time 2016/09/12

長引く太ももの痛みにストレッチは危険!何科に相談するべきか?

太ももが歩いた時に痛む、座っている時に痛む、もしくは寝ている時に痛むなど、人によって様々な痛みを発生する事の多い太もも周辺の痛みですが、痛みの種類によってはなかなか改善せずに苦しんでいる人が非常に多い疾患でもあります。

太ももの痛みが長引くと、ストレッチや体操をして症状の改善を試みる人は非常に多いと思います。しかし、長引く太ももの痛みの場合はストレッチが逆効果になってしまう事も多く、あまりオススメできる方法とは言えません。

太ももの痛みが長引いている場合は、整形外科などにも既に相談されている人も多いと思いますが、実は整形外科よりもオススメの科があります。(あくまで私の個人的な見解ですが)

そこでこのページでは、長引く太ももの痛みの原因やストレッチの危険性について、また何科に相談するのがオススメなのかを説明させていただきます。

太ももの痛みでお悩みの人で、興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



長引く太ももの痛みは坐骨神経痛の可能性があります

見出しで既に軽く触れていますが、太ももの痛みがなかなか改善せずに長引く場合、その症状は単なる筋肉痛や肉離れなどではなく、坐骨神経痛という症状の可能性があります。

坐骨神経痛とは腰椎(腰の骨)の変形や損傷によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している場所に痛みや痺れを発生させる疾患です。

「痺れはないから私には関係ない」と思う人も多いかも知れませんが、坐骨神経痛は人によっては筋肉痛と似たような痛みや重だるいなど、必ずしも痺れが発生する訳ではないんですね。また「私は腰には何の違和感もないから関係ない」とおっしゃる人も多いのですが、腰に全く違和感や痛みはないのに太ももに痛みが発生するという事も決して珍しい話ではありません。

一般的に筋肉痛や肉離れなど、原因が単純に筋肉にあるのであれば症状が何週間も何ヶ月も継続する事はあまり考えられません。筋肉は人間の組織の中でも比較的回復力が早い組織ですので、筋肉痛なのであれば長引いても1週間、筋肉が断裂するような重症の肉離れであっても安静にしていれば1、2ヶ月もすればかなりのレベルで改善します。

そういった長い期間を経ても太ももの痛みが改善しない場合は、高い確率で坐骨神経痛の可能性がありますので気をつけて下さいね。

坐骨神経痛の場合はストレッチが逆効果になる可能性が高い

腰椎での神経の圧迫によって発生する坐骨神経痛の場合は、実はストレッチとの相性が悪く逆に症状を悪化させる可能性があります。

坐骨神経痛は神経を伸ばされる事によって興奮し、より痛みなど症状が強くなる特徴を持っています。こういった特徴を利用して坐骨神経痛かどうかを診断するテスト法なども存在しています。(SLRテスト)

みなさんが思っている以上に長引く太ももの痛みとストレッチの相性はすこぶる悪く、もしその症状の正体が坐骨神経痛だった場合、症状がなかなか改善せずに長引いている原因の中に「毎日行っているストレッチ」が関わっている可能性も低くありません。

そのため、頻繁にストレッチをされている人は一度ストレッチを控えてみて下さい。場合によってはそれで長引く太ももの痛みが軽減したという話もよく聞きますので。

長引く太ももの痛みが発生した場合は何科に相談すべきか?

太ももの痛みが長引いている場合、もう既に整形外科などの病院に行かれた人もたくさんおられると思います。

しかし、先ほども説明させていただいたように、長引く太ももの痛みは腰椎の神経圧迫によって発生する坐骨神経痛の可能性が高い症状でもあります。

坐骨神経痛の大元原因は腰椎、つまり脊椎の問題になります。実はこういった脊椎の専門医は整形外科ではなく脳神経外科医が本来の専門医に当たるんです。

「太ももの痛みなのに脳神経外科?」と疑問の声が聞こえてきそうですが、最近では脳外科の中にも足の痛みなど坐骨神経痛に特化した脳神経外科医も増えており、太ももの痛みで脳神経外科に通う事自体は決して珍しい事ではありません。

整形外科も坐骨神経痛の診断はしてくれますが、もし病院に行った事がある人で納得がいかない人の場合は一度真剣に脳神経外科を受診する事をオススメします。理由は単純に脳神経外科医が坐骨神経痛の本来の専門医だからです。

当たり前ですが、病院には科によって得意にしている疾患と苦手にしている疾患に分かれます。例えば眼科のお医者さんに足の痛みの相談はしませんよね?もしくは逆に整形外科に視力の相談もしないと思います。

お医者さんには専門の科によって得意不得意があるのは当たり前であり、長引く太ももの痛みの場合は坐骨神経痛の可能性が高く、また坐骨神経痛の原因は脊椎にありますので専門医は脳神経外科医になります。(脳神経外科医は脳と脊椎の専門医です)

そのため、もしどこの科にいくか迷った時は脳神経外科も検討してみて下さいね。

レントゲンだけでは坐骨神経痛の診断はできない

病院でレントゲンだけをとって異常なしと言われる事は多いと思いますが、そもそもあなたの太ももの痛みが坐骨神経痛だった場合は、レントゲンだけでは坐骨神経痛の確定診断は出来ません。

腰椎の軟骨の変形や神経の圧迫はCTやMRIじゃないと写らないんですね。そのため、もしレントゲンだけ撮って異常なしと言われてしまった事があるのであれば、お医者さんに頼んでMRIなどを撮ってもらうようにしましょう。

もしくはレントゲンだけしか撮ってもらえないのであれば、その事を理由に他の病院に変えても良いと思います。

長引く太ももの痛みの場合は、異常なしと言われる事も多いと思いますので、まずは最低限でもMRIなどの検査を受けるように気をつけて下さいね。
スポンサーリンク



おすすめの記事

膝の痛みと同時に太ももやスネ、ふくらはぎ痛を感じた時は注意

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。