とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

2016年度J1昇格プレーオフ決勝戦でセレッソ大阪がJ1昇格

time 2016/12/05

2016年度J1昇格プレーオフ決勝戦でセレッソ大阪がJ1昇格

2016年12月4日、2016年度のJ1昇格プレーオフ決勝戦が、セレッソ大阪のホームスタジアムであるキンチョウスタジアムで行われました。

対戦カードは2016年度のJ2年間順位4位のセレッソ大阪と年間順位が6位のファジアーノ岡山との対戦です。

結果は1-0でセレッソ大阪が勝利した事により、セレッソ大阪がJ1昇格権の最後の1枠を獲得しました。

これでセレッソ大阪は3年ぶりのJ1復帰となります。

ファジアーノ岡山からすれば初のJ1昇格プレーオフであり、初のプレーオフ決勝戦でもあったので、決勝戦に勝利していれば初のJ1昇格ですので、心の中では応援していたのですが残念な結果になってしまいましたね。

そこでこのページでは、簡単ではありますが2016年度のJ1昇格プレーオフ決勝戦の感想について簡単に説明させていただきたいと思います。

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



選手の能力では圧倒していたセレッソ大阪

このJ1昇格プレーオフ決勝戦を見る限り、やはり両チームに所属している選手の質には大きな差があるなと感じましたね。

特にセレッソ大阪のソウザ選手の守備範囲と攻撃参加には驚かされました。何人も同じ選手がいるんじゃないかと思わせるほど守備でも攻撃でもどこでも顔を出し、彼一人だけで何本シュートを打ったんだろうと思わせるほどシュートを打ちまくっていましたね。

試合の流れとしても、やはり個の能力の高い選手が多いセレッソ大阪が全体的に試合を有利に進めていました。ただし、セレッソ大阪も決して守備が得意なチームではありませんので、ファジアーノ岡山側にも決定機はいくつもありましたね。特に後半開始直後にゴールキーパーと1対1になる場面が2度ほどありましたが、あれを決めれていたら違った結果になっていた可能性もあります。セレッソ大阪のゴールキーパーであるキム・ジンヒョン選手は韓国代表選手でもありますが流石でした。

決勝点を決めた清原選手はJ1でどこまで通用するのか

この試合の決勝点を決めた清原 翔平(きよはらしょうへい)選手は数年前まではプロリーグではないJFLや、下のカテゴリーであるJ3でプレーしていた選手です。

元々は企業チームであるSAGAWA SHIGA FCに所属していましたが、チームの解散と共にJ3を目指すツエーゲン金沢に移籍し、その後J3、J2の活躍を経てセレッソ大阪に移籍して見事にJ1昇格を勝ち取りました。

個人的な興味ではありますが、SAGAWA SHIGA FCというチームの解散がなければプロのサッカー選手になっていなかった選手だけに、そういった下のカテゴリーで活躍した選手がJ1という日本のサッカーの最高峰のリーグでどれだけ通用するのかは非常に興味があります。

なんだかシンデレラストーリーみたいで燃えますよね。みなさんも2017年度の清原選手の活躍に注目して下さいね。

J1昇格後のセレッソ大阪には注目しています

以前から噂はありましたが、2016年12月5日に新監督として尹晶煥(ユン ジョンファン)氏が就任する事が公式に発表されました。

ユン監督はサガン鳥栖でJ1優勝争いをした事のある名将ですし、守備の構築にも非常に定評のある監督です。

選手の能力は高いセレッソ大阪ですが、守備に関しては物足りなさがあるチームでもありますので、ユン監督が就任する事によって2017年度以降の成績が一気に楽しみになりました。

以前ユン監督が率いていたサガン鳥栖とは、サッカースタイルも大きく変わるチームの監督に就任する事になりましたが、どういったチームになるかを楽しみにしたいと思います。

決定機がそれなりにあっただけに悔しい敗戦となったファジアーノ岡山

さて、この決勝戦をファジアーノ岡山側から見れば勝利の可能性のあった非常に悔しい敗戦となってしまいましたね。

正直に言ってスコア以上に差を感じた試合になってしまいましたが、それなりに決定機は作れていただけに、その内のいくつかをゴールに結びつけれていれば勝てた可能性もあったと思います。

やはりエースストライカーの押谷 祐樹(おしたにゆうき)選手の怪我による離脱は痛かったですね。J1昇格プレーオフ準決勝でも少ないチャンスで見事にゴールを決めていましたので、彼がいればもしかしたらとどうしても思ってしまいます。

また、特に後半30分過ぎごろからのパワープレーはすごい迫力でしたし、おそらくはこの試合では無失点に抑えて終盤のパワープレー狙いだったと思いますが、あの終盤の攻撃をスコアレスの状態で繰り出せなかった事も一つの誤算だったと思います。

しかし、チームの状況を考えれば初めてのJ1昇格プレーオフでここまで来れた事は賞賛すべきですし、ファジアーノ岡山はいずれはJ1昇格が可能なチームだと思いますので、今後も頑張ってもらいたいと思います。

噂では2016年度はかなり赤字の予算を組んでいるようですし、レンタルの選手が多い事から2017年度のJ1昇格は難しいかもしれませんが、今後も注目したいチームの一つですね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。