とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

鹿島アントラーズの永木亮太が日本代表初選出

time 2016/09/29

鹿島アントラーズの永木亮太が日本代表初選出

2016年9月29日、ロシアワールドカップ最終予選のイラク、オーストラリア戦に挑む26人が発表されました。

今回召集された選手の中で初選出された選手は、鹿島アントラーズに所属している永木亮太選手一人のみ。もう何人か呼ばれるかと期待していましたが、準備期間が短い事を考えるとしょうがないのかも知れませんね。

日本代表のメンバー発表の記者会見を実際に見ていましたが、正直に言ってあまり良い雰囲気ではありませんね。それだけ今の日本代表の置かれている立場というのは、非常に厳しい場面を迎えているのだと思います。

そこでこのページでは、今回日本代表に初選出された永木亮太選手についての簡単な説明と、実際に記者会見を見て感じた疑問点について説明させていただきたいと思います。

日本のサッカーに興味を持っている人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



永木亮太選手の特徴と日本代表に選ばれた理由

永木亮太選手の特徴といえば、ボランチ(守備的ミッドフィルダー)の位置で豊富な運動量と相手選手にガツガツいく守備力が魅力の選手という印象を持っています。またフリーキックやミドルシュートも得意にしており、ゴールから遠くの位置のシュートでも時おり得点を決めていますね。

2015年まで在籍していた湘南ベルマーレではキャプテンも経験していましたし、2015年のシーズンの成績が8位だった湘南ベルマーレが、永木亮太選手が鹿島アントラーズに移籍した2016年度はずっとJ2降格圏(16位以下)にいる事を考えれば、この選手の偉大さが良く分かります。(他にも主力が2人移籍しましたが)

攻撃面に関しては、高い守備力で奪ったボールをそのままの勢いで前に運ぶのを得意にしている印象を受けます。そこでスペースがあれば遠くからでもミドルシュートをガンガン狙っていきますしね。

ハリルホジッチ監督はボールを奪ってから縦に早いカウンターを仕掛けるスタイルを得意にしている監督です。そのためボールを奪った後に、前への推進力が高い選手を好む傾向があります。また、同じ日本代表の長谷部誠選手にミドルシュートでの得点を要求している事から、ボランチの選手でミドルシュートを得意にしている選手が理想なんでしょうね。

永木亮太選手のプレースタイルは、ハリルホジッチが好むボランチの条件に見事に合致しているんですね。こういった事が今回永木亮太選手が日本代表に選ばれた理由だと思います。

私の個人的な印象ではありますが、永木亮太選手はゴールに直結するような縦パスなどの供給は得意にはしていません。ゲームを組み立てるパス能力に秀でているタイプではありませんので、おそらく日本代表で争うライバルはタイ戦で素晴らしい活躍をした山口蛍選手になるでしょうね。

どちらもJリーグで活躍する選手ですので、Jリーグが大好きな私にとっては切磋琢磨して更にレベルアップしてほしいと思います。

日本代表の選手選考についての疑問

あまり日本代表の選手の選考については文句は言いたくありません。○○選手を呼ぶべき!△△選手は何故選ばれたんだ!?とか言い出したらキリがありませんし、最終的には好みの問題や好きな選手が選ばれるかどうかの問題になってしまいますからね。

ただし、普段からハリルホジッチ監督が言っている事に関しては整合性を保ってほしいとも思います。

ハリルホジッチ監督は「クラブチームで出場していない選手は招集しない」という事を今まで言い続けて来ました。

しかし、今回召集された選手の中には、残念ながら所属しているクラブチームでレギュラーを確保できていない選手がたくさんいるんですね。むしろ調べれば調べるほどちょっと今の海外組のクラブチームでの状況には危機感を感じます。

はっきり言って酒井高徳、酒井宏樹、原口元気、浅野拓磨の4選手だけしかコンスタントに試合に出ていないんです。たった4人だけですよ。今回日本代表に選出された海外組は全部で15人いますが、その内の4人は試合に出ていますが、それ以外の選手はまともに試合に出れてすらいないんです。

「クラブチームで出場していない選手は招集しない」と言っていた監督がこれでは流石に突っ込まれるでしょ・・・

実は今回日本代表に初召集された永木亮太選手も、2016年シーズンを通してレギュラーポジションを取っているかと問われれば、少し疑問符が浮かんでしまう状態なんですね。

永木亮太選手が所属している鹿島アントラーズでは、リーグ戦が現時点(2016年9月29日時点)で30試合が消化されています。その30試合の内に永木亮太選手が先発出場を果たしたのはわずか9試合しかないんです。

ここ最近はコンスタントに出場できるようになっていますが、こういった事を見れば分かるように、決して所属しているクラブチームでレギュラーを獲得している訳ではないんですね。

今回の永木亮太選手の招集に関しては、ハリルホジッチ監督が好きそうな選手ですのである程度納得は出来ます。しかし、普段から監督自身が言っている言葉にはある程度責任を持ってほしいと感じてしまいます。

余裕のないハリルホジッチ監督

今回の日本代表メンバーを発表したハリルホジッチ監督の会見を見た人は、おそらくみんな同じ印象を受けたと思いますが、今のハリルホジッチ監督には全く余裕がありませんね。

かなり追い込まれているように見えました。記者との質疑応答では、当然上記で説明したクラブチームでの出場時間について問われました。

ハリルホジッチ監督の返答はほとんどケンカに近いような言い方でした。簡単に言えば逆ギレ状態で常にイライラしていましたね。記者の中には次のイラク戦やオーストラリア戦の結果によっての進退について質問する人もいました。

リオオリンピック監督の手倉森氏が少し前にA代表のコーチになりましたが、おそらく今後の日本代表の成績次第ではハリルホジッチ監督の解任もあり得るでしょう。手倉森氏のコーチ就任はハリルホジッチ監督が解任された時に暫定的な監督にするための布石だと思います。

おそらくそういった事を含めてハリルホジッチ監督も理解していると思いますので、本当に今は心に余裕がないんでしょうね。

2016年10月に行われるイラク戦、オーストラリア戦は、実は2017年度のJリーグのクラブが参加するACLという大会の枠数にも影響しますので、どういった内容であっても勝ってもらわなければ困るのですが・・・
スポンサーリンク



おすすめの記事

日本代表はUAEに敗戦。初戦の敗戦は予選突破確率0パーセント

サッカー日本代表戦の審判がおかしい!?日本対タイの中東の笛

横浜Fマリノス斎藤学(さいとう まなぶ)が日本代表に追加召集

W杯アジア最終予選。原口、山口の得点で日本代表がイラクに勝利

アウェーでオーストラリアに引き分け。ハリル監督の解任はなしか

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。