とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

携帯電話、スマホのワンセグでNHKの契約義務なし!

time 2016/08/26

携帯電話、スマホのワンセグでNHKの契約義務なし!

2016年8月26日、さいたま地裁で画期的な判決が示されましたね。

裁判の内容は以前から問題になっていた「携帯電話やスマホなどテレビが映る機械」を持っているだけで、NHKと受信契約を結ぶ義務は発生するのか?

判決はタイトルの通り、携帯電話、スマホの所持だけでは契約義務の必要なし!!当たり前の判断だと思いますが安心しました。

私は自宅にはテレビを設置していますので、色々と納得しない事はあってもNHKに受信料を支払っています。

自宅と別の場所に職場を構えて自営業を行ってますが、そこにはテレビは置いていません以前その職場にNHKから委託された職員が来て言った事は一生忘れません。

「テレビは置いていなくてもスマホは持っていますよね?スマホはテレビが映ると契約の義務が発生しますよ」

「ふざけんな!!」

とお客さんがいる前で大喧嘩した事があります(笑)

それ以来NHKが大嫌いになっていましたし、この裁判の存在も以前から気にはなっていました。

そこでこのページではNHKと放送法の問題点について説明しますので、皆さんも是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



放送法の問題点

まずよく聞くのが「テレビを持っていると法律でNHKと契約する義務がある」という話についてです。

正確には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」ですね。

なんだか仰々しい言い方になってしまうと何が言いたいのか理解しにくいんですが、NHKを見れる状態でテレビを保持しているとNHKと契約する義務があるという感じでしょうか?

しかし、放送法にはあまり一般の人に知らされていない但し書きが存在しているんです。

その但し書きとは「ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものを言う。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」といった文章になります。

何かの呪文でしょうか?(笑)

簡単に翻訳すれば「NHKを見る事を目的に受信機を設置していないのであれば、契約しなくても良いよ」みたいな感じです。

みなさん知っていました?意外とこういった事って知られていませんよね?

NHK側も知られたくない事なので、あえて情報発信していないと思いますし。

今回の裁判でも間違いなくこの部分が問題になったはずです。携帯電話やスマホを、NHKを見る為に保持している人なんている訳ありませんもんね。

でもこれってテレビでも当てはまると思いませんか?

NHKを見る事を目的にテレビを設置している人って世の中にどれほどいるんでしょうか?

こういった事に関しても今回の裁判をきっかけに、議論が進んでくれたら嬉しいですね。

最近悪い意味で話題のNHK

NHK自身はあまり情報を発信していませんが、2016年だけでもいくつも問題が発覚しています。

2億円の着服事件、タクシーチケットの私的流用、アナウンサー同士の不倫、などなど、過去にはインサイダー取引や職員の覚せい剤の事件などもありましたね。おそらく調べればまだまだ出てくるでしょう。

面白かったのは今年の東京都知事選で、元NHK職員で立候補した立花孝志氏がNHKの政見放送でNHKの失態を時間一杯つかって暴露したという事態も起こりました。

元々この方はNHKを内部告発して退社した人間らしいです。

こういった事からも分かるように、NHKは組織としてかなり危うい状態なんじゃないでしょうか?

国民からの受信料のお金の流れもかなり不透明な部分もありますし、今回の裁判がこういったNHKの問題点の解決に少しでも役に立って欲しいものですね。

2016年9月2日追記

高市早苗総務相が記者会見でワンセグでもNHKの契約義務アリとの認識を発表しました。

まあ予想通りではありますが、NHKも提訴するようですね。次は高裁での争いですがこれから先もこの出来事は追いかけていきます。

2016年9月9日追記

上記で高市早苗総務相が「ワンセグでもNHKの契約義務アリとの認識を発表しました」と書かせていただきましたが、インターネット上で大臣のこの発言が話題になった事が効いたのか、その後、総務省は手のひらを返しNHKにワンセグの件で聴取する事が発表されました。

やっぱり民意は強いという事です!明らかにおかしな話ですからね。

しかし9月8日のNHKの籾井勝人会長の定例会見にて、NHKはワンセグ携帯でもこれまで通り受信料を徴収する考えを示しました。

総務省のNHKにワンセグの契約実態を調べるよう求めた事に対しても、ワンセグでの契約数を把握しておらず調査しようがないと調査しない考えを示しました。

これって何気にすごい発言ですよね。ワンセグの裁判に関しては次は高裁、おそらく最高裁まで争いは続くと思いますのでまだ今後どうなるかは分かりませんが、少なくとも現状では地裁で違法と出たのに無視する訳ですか。

しかもワンセグを持っているか把握はしていませんが受信料を徴収するとか、もう何を言っているか訳分かんないです。

ただ今回の件で非常に重要なのは、NHKの上位の存在である総務省が動き出した事です。この総務省の動きは明らかに民意を反映した動きだと思いますので、私も少しでも役立てるように今後も情報発信していきますね。
スポンサーリンク



おすすめの記事

2019年にテレビ放送をネットで同時放送。NHK受信料も徴収

テレビを持っているとNHK契約義務あり?なし?最高裁に突入

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]