とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

日本代表に初選出された井手口陽介選手の特徴やプレースタイル

time 2016/11/04

日本代表に初選出された井手口陽介選手の特徴やプレースタイル

2016年11月4日、日本サッカー協会は11月11日に行われる親善試合であるオマーン戦と、15日に行われるロシアワールドカップアジア最終予選、ホームでのサウジアラビア戦に挑む日本代表メンバーを発表しました。

今回の発表によって、ガンバ大阪に所属している守備的MFの井手口 陽介(いでぐちようすけ)選手が日本代表に初選出となりました。

井手口選手と言えば、2016年のリオオリンピック代表にも選ばれて出場し、ガンバ大阪では同じポジションに元日本代表の遠藤 保仁(えんどうやすひと)や今野 泰幸(こんのやすゆき)選手らがいる中、わずか20歳にして完全にレギュラーを獲得している選手です。

23歳以下の優秀な選手に贈られる2016年度のYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞にも選ばれ、今ノリにノッている若手選手と言えるでしょう。

そこでこのページでは、井手口 陽介(いでぐちようすけ)選手の特徴やプレースタイルについて簡単に説明させていただきたいと思います。

日本のサッカーに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



井手口 陽介(いでぐちようすけ)選手の特徴やプレースタイル

実は2016年度のYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞した時に、井手口陽介選手が2016年ルヴァンカップニューヒーロー賞決定の記事でも井手口選手の特徴やプレースタイルについては説明させていただいたんですが、彼の最大の特徴は「攻撃的な守備」にあります。

通常では日本人の守備の仕方は、ディレイといって相手に抜かれずに時間稼ぎをする人間が多いのですが、井手口選手はガンガン体を相手選手にぶつけてボールを奪いにいくプレースタイルを得意にしています。

相手選手に向かってボールを奪取する事から、奪ってから良い形でカウンターに繋げれる場合が多く、彼のボール奪取からのカウンターは現在のガンバ大阪にとって大きな武器になっています。

ニューヒーロー賞を受賞した時点での評価は、このようにあくまでも「守備が得意な選手」という印象だったのですが、日本代表監督であるハリルホジッチ監督が記者会見でも言及したように「今の井手口選手はどんどん伸びています」

若手選手というのは急激に成長する事がありますが、今の井手口選手は正にその状態です。

10月22日に行われた横浜Fマリノス戦では2得点。しかもその2得点ともペナルティエリア外からのミドルシュートであり、更にその内の1得点は利き足の右足ではなく左足での得点でした。

私はガンバ大阪サポーターですので普段から井手口選手を追いかけていますが、あのゴールを見た時は「お前そんなんできるんかい!?」とかなりびっくりしました。

それだけではなく、11月3日に行われた2016年度のリーグ最終戦では、ボランチの選手でありながら味方のシュートのこぼれ玉にゴール前まで詰めて1得点。

つまり今の井手口選手は守備的なポジションの選手でありながら、ミドルシュートを右でも左でも打つ事が可能であり、更にカウンター時には相手のゴール前まで詰める攻撃力を持っている選手でもあるんですね。

こういったプレーをしだしたのは本当につい最近であり、井手口選手が意識的に攻撃面でも貢献しようとしているのが良く分かります。

ハリルホジッチ監督の求めるボランチ像に井手口選手はぴったり

今までのハリルホジッチ監督の選手選考やインタビューを聞く限り、彼はボランチの選手に奪ってからすぐに前に向かう強い推進力と、ミドルシュートからの得点を期待している事が予想できます。

そういった意味では今の井手口選手は、ハリルホジッチ監督の理想のボランチ像と言っても大げさではないでしょう。

まだ若干20歳の選手ですが、すごい勢いで成長している印象がありますので、日本代表に選ばれた事によって今後更に井手口選手が成長する事を期待したいと思います。

ガンバ大阪からすれば井手口選手の代表選出は素直に喜べない

2016年度のリーグ戦の日程は全て終了したのですが、井手口選手が所属しているガンバ大阪にはまだ天皇杯という大会が残っています。

実はこの天皇杯の4回戦が11月9日に行われるため、このタイミングで日本代表に選出された井手口選手は天皇杯の4回戦に出場する事は出来ません。

ガンバ大阪というチームにとって、2016年度のタイトルで獲得できる可能性のあるタイトルは既に天皇杯しか残されておらず、その試合に井手口選手が出られないというのは本当に厳しい事態なんですね。

逆に言えば井手口選手が離脱される事が、チームにとって痛手になると心の底から思える選手になったという事でもありますので、日本代表にも選ばれたからにはしっかりと結果を残してほしいと思います。

代表初選出でどれだけ出場の機会があるか分かりませんが、この記事を読んで井手口選手に興味を持った人は、是非注目して見て下さいね。
スポンサーリンク



おすすめの記事

日本代表はUAEに敗戦。初戦の敗戦は予選突破確率0パーセント

サッカー日本代表戦の審判がおかしい!?日本対タイの中東の笛

W杯アジア最終予選。原口、山口の得点で日本代表がイラクに勝利

アウェーでオーストラリアに引き分け。ハリル監督の解任はなしか

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。