とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

マルチェロ・リッピ氏がロシアW杯出場を目指す中国代表監督就任

time 2016/10/25

マルチェロ・リッピ氏がロシアW杯出場を目指す中国代表監督就任

2016年10月22日、中国サッカー協会は中国代表の監督にマルチェロ・リッピ氏が就任する事を正式に発表しました。

リッピ監督と言えば、セリエAの名門ユヴェントスで5度のリーグ優勝、UEFAチャンピオンズリーグ優勝、ワールドカップの優勝経験のある名将です。

中国とも関係が深く、実際に中国の広州恒大(こうしゅうこうだい)というチームの監督に就任し、中国のサッカー1部リーグである中国スーパーリーグを優勝、更に2013年にはACL(AFCチャンピオンズリーグ)も制覇するなど素晴らしい成績を収めました。

実際に中国人を指導した実績を持ち、更に世界的な名将と言えばリッピ監督以上の人は思い当たりません。そういった意味では中国がロシアワールドカップを目指す上で、最も監督に適した人物と言えるでしょう。

そこでこのページでは、マルチェロ・リッピ監督の戦術や特徴と、中国代表がロシアワールドカップに出場出来る可能性について説明させていただきたいと思います。

サッカーに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



マルチェロ・リッピ監督の戦術や特徴

監督の戦術や特徴と言っても、率いているチームによって微妙にやり方は変化します。リッピ監督が広州恒大を率いていた時の戦術は、勝つ為にリアリストな戦術を徹底していましたね。

攻撃は個の能力が非常に高い外国人選手に任せて、中国人選手にはイタリア人らしい組織的な守備と前線の外国人選手のサポートを徹底させる。

2006年のイタリア代表が優勝したドイツワールドカップもそうですが、リッピ監督は高い守備力を前提に、数人の個の能力が高い選手をその他の選手でサポートして攻撃を構築するのに長けた監督だと思います。

2006年であれば、ワールドカップ全7試合でたったの2失点の守備力と、アンドレア・ピルロ 選手やルカ・トーニ 選手、アルベルト・ジラルディーノ 選手など個の能力の高い選手が躍動していましたね。

中国の広州恒大を率いていた時も、世界レベルの外国人選手が前線に並んでいました。

特にACLを初制覇した2013年度の外国人選手は強烈で、ブラジルで2年連続で最優秀選手に選ばれたダリオ・コンカ選手、ブラジルA代表に選ばれた事もあるエウケソン選手、ACLで13得点を記録したムリキ選手など、こんな言い方は普段からJリーグを好んで見ている私は使いたくありませんが、アジアレベルでは反則級の選手達でした。

冗談抜きでこの3人の攻撃だけで、しっかり守っている守備陣が振り回されまくりましたからね。

ただし、リッピ監督が率いていた広州恒大というチームは決してこの3人「だけ」のチームではなく、上記で説明したように高い守備力と、前線の選手のサポートをチーム全体が行う本当に強いチームでした。

ボールを奪ったらすぐに個の能力の高い選手にボールを渡せるように、常に周りの選手が3人にボールを供給出来る位置にポジションをとっていましたからね。

当時見ていて「悔しいけど強いわ」と素直に感じた事を覚えています。

リッピ監督でも今の中国代表をロシアワールドカップに出場させる事は難しい

ロシアワールドカップを目指してアジア最終予選を戦っている中国代表の現時点(2016年10月22日)での成績は、4試合を終えて0勝1分3敗でグループAの最下位。

自動的にワールドカップの出場権が与えられる2位との勝ち点差は8、ワールドカップ出場をかけたプレーオフに出場出来る3位との勝ち点差は6。

数字の上では可能性はあっても、ここから驚異的な好成績で勝ち進んだとしても現実的に2位になる事は不可能でしょう。3位に入る事もかなり難しいと思います。

リッピ監督は間違いなく名将だと思いますが、正直に言って今のこの状況を覆すのは流石に難しいでしょうね。また、現在の中国代表で最も深刻なのは、4試合を終えて2得点しか取れていない極度のゴール欠乏症です。

しかもこの2得点も初戦の韓国戦で生まれたものであり、その後は3試合続けてノーゴールが続いているんですね。

当然、リッピ監督に交代した事によってこういった不調の攻撃面の改善も期待される部分だと思いますが、上記でも説明させていただいたように、リッピ監督は前線の個の能力の高い選手を他の選手でサポートをさせる事に長けた監督です。

少し悪い言い方をすれば、攻撃に関しては個の能力が高い選手に依存する可能性が高い戦術でもあるんですね。

以前にリッピ監督が率いていた広州恒大では、ヨーロッパの一流クラブにいてもおかしくない世界的な選手が数人在籍していました。

しかし、中国代表の選手には残念ながらそういった選手は見当たりません。

そういった特別に個の能力の高い選手が今の中国代表にはいませんが、逆に言えばそういった状況で長年に渡って世界のタイトルを獲得してきた名将が、どういったサッカーを目指すのかには非常に興味があります。

現時点では文字通り崖っぷち状態の中国代表であり、流石にリッピ監督でもここから巻き返すのは難しいと思いますが、この先に奇跡が起こる事はあり得るのか?そういった部分を楽しみに今後の中国代表を追いかけていきたいと思います。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。