とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

集客でお困りの整骨院、整体院のチラシ作りのコツ

time 2016/09/15

集客でお困りの整骨院、整体院のチラシ作りのコツ

はじめましての人ははじめまして。私の記事をご覧になっている人はいつもありがとうございます。私は以前は整骨院、今は整体院を経営している者です。

どういったジャンルのお店に関わらず、お客さんの集客というのはみなさん悩みの種だと思います。今の時代は色々な集客方法があると思いますが、その中でも「チラシ」という物は一番ポピュラーで即効性の高い宣伝方法の一つだと思います。

私自身もそうだったんですが、いざチラシを作ろうと思ってもどういった内容のチラシを作れば良いのか検討もつきませんよね?

そこでこのページでは実際に私がチラシで集客した時に、実際に来てくれた患者さんに聞いた内容を元に改良していったチラシについて説明させていただきます。

実際の患者さんはどういった情報を重視してチラシを判断しているのか?意外と我々が思っていた事とは違う部分に着目している点もありましたので、チラシ作りでお悩みの人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



患者さんがチラシで重要視している点

ここからは実際に患者さんがチラシのどの部分を重要視しているかを説明させていただきます。

チラシを見て来てくれた患者さんに「チラシのどの部分が来ようと思った決め手になりましたか?」というような質問をすると、意外と思われるかも知れませんが、院長のプロフィールやあいさつ文と答える人が圧倒的に多いんです。

こういった事からも分かるように、患者さんが最も欲しい情報は「どういった人が施術をしているのか?」「院長やスタッフは信用出来るのか?」というように、私たちがどういった人間であるかを重要視しているんですね。

そのためチラシでは、院長のあいさつ分やプロフィールのスペースを最も大きく掲載する事をオススメします。

もちろん院長やスタッフの写真はでかでかと載せましょう(恥ずかしいですけどね)

もっと具体的に説明させていただくと、私の場合はチラシにこの業界に入った経緯や、治療に対しての考えを熱く語っています(笑)こういった文章を見て「この人は信頼できそう」と判断してもらえれば患者さんは来院してくれる訳です。

自分の体験談も効果的

また、私自身が高校生の頃に膝を痛めてサッカーを辞めた経験をしていますので、その事も詳しくチラシには書いています。そういった文章を読んだ患者さんからは「体を痛めた経験がある人だから私の気持ちも理解してくれると思った」というような感想を抱く人も多いようです。

患者さんの悩みの一つには「体の調子が悪い事を周りの人間に理解してもらえない」という事を気にしている人も多い事から、もし過去に体の痛みで悩んだ経験があるのであれば、出来るだけ細かくその体験談を書くと、共感してくれる患者さんは来院してくれると思いますよ。

やっぱり患者さんの声の影響は大きい

上記でも説明させていただいたように、患者さんがチラシに書かれている内容で最も重要視しているのは、院長やスタッフの紹介の文章である事は間違いありません。

ではその次に何を重要視しているか?やっぱり口コミの情報はチラシを見ている患者さんにも影響は大きい印象があります。

そのため、実際に来院している「患者さんの声」をチラシにいれるようにしましょう。もし可能なのであれば、写真つきで2~3人分ほどチラシに載せれればかなり反響はあると思います。
スポンサーリンク


治療の内容や説明にあまり興味はない

治療にこだわりがある人間からすれば、何とも寂しい感じがしますが、患者さんにとって治療の成果や効果に関しての説明は、チラシにとってはあまり意味がないと思います。

意味はないという言うより「書いている内容が本当かどうかなんて分からない」というのが本音でしょう。

どれだけ「効果があります!」「画期的な治療法です」と訴えても、そんなものは患者さんからすれば実際に受けてみなければ評価出来ない事なんですね。

そのため、治療の効果や説明にスペースを使うぐらいなのであれば、ご自分の性格などを含めた自己紹介のスペースを増やした方が良いと思います。

どんな事をするかには興味あり

唯一、治療に関して興味があるとすれば「どんな事をしているの?」という部分のみです。

これは興味というより「不安」に近い感情だと思います。「痛い事をされたら嫌だなー」とか「何だか怪しい治療だと嫌だなー」とかですね。

そのため、私が作ったチラシでは「優しく手や足を動かすだけです。治療は痛くはありませんよ」という事しか書いていません。これで十分です。先ほども説明したように、詳しい治療の考え方なんて患者さんは全く興味ありませんので。

そのため、具体的にどんな事をするのかに関してはチラシにも書いていた方が良いかと思います。

まとめ

簡単な説明ではありますが、以上が私が考える整骨院や整体院の集客に有効なチラシ作りの要点です。

まとめさせていただくと、チラシに書く内容は以下の通りになります。

1 整骨院や整体院の名称、住所、電話番号

2 院長の自己紹介のあいさつ文

3 患者さんの口コミ

4 どんな事を具体的に行っているか、治療の簡単な説明

5 金額について

以上の5点です。この中で特にスペースを割いて念入りに書いて欲しいのは、2の自己紹介、3の口コミであって、それ以外はそこまで重要視しなくても良いと思います。

チラシのタイプにも色々あると思いますが、出来ればA4サイズの両面フルカラーをオススメします。A4のサイズが一番チラシのサイズとしては一般的ですし、両面フルカラーでも今の時代なら大量にネットで印刷すれば、1枚1.1~1.5円ぐらいで作ってもらえます。

写真とかを載せれば、両面でも書きたい事が書ききれないほどのスペースしかありませんので、多少細かい字になっても自分の自己紹介に関しては出来るだけ長文を書くようにしましょうね。

この記事で説明させていただいた内容は、あくまで私の個人的な見解ではありますが、実際に患者さんに聞きながら改良していった効果の高いチラシの作り方になっています。

絶対効果があると約束は出来ませんが、もしよければチラシ作りの参考に少しでもして下さいね。

また、チラシを作ったら今度はポスティングの作業が残っていると思います。

もしよろしければ「整骨院、整体院、集客でポスティングチラシの効果とコツ」という記事でポスティングについても説明していますので、興味のある人はそちらの記事も参考にして下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]



人気記事

まだデータがありません。