とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

整骨院と整体院の違い

time 2016/08/29

整骨院と整体院の違い

はじめましての人ははじめまして。いつも私の記事を読んでくれている人はどうもありがとうございます。私は以前は整骨院を経営していて、今は整体院を経営している者です。

患者さんを治療しているとよく次のような質問をいただきます。

「先生、整骨院と整体院の違いってどこなんでしょうか?」

こういった内容の質問は本当によくいただきます。

そこでこのページでは整骨院と整体院の違いについて説明させていただきますね。もし整骨院に行こうか整体院に行こうか迷っている人の場合は、このページを少しでも参考にして下さい。
スポンサーリンク



大まかな違いは保険証が使えるか使えないか

ご存知の人も多いと思いますが、整骨院と整体院の一番大きな違いは施術料が保険適応なのか?保険が使えないかの違いです。

しかし、こういった違いは最近どんどんあいまいになっています。

まず「整体」という言葉の概念自体が非常に広い意味を伴っています。昔なら整体は「バキボキ」鳴らして骨を調整する治療の事をイメージされている人が多かったと思いますが、今は「マッサージ以外の治療法」全般を「整体」と呼んでいる印象です。

そのため整骨院によってはマッサージ以外の治療である「整体」を、保険適応して行っている所も珍しくありません。

ただし、保険証が利用出来ると言っても整骨院によっては保険料金にプラスして実費料金を頂いている所も多く、保険がきくと言っても数千円の施術料を請求する事も珍しくありません。

そのため、今までは整骨院と整体院の最大の違いであった「保険適応の有無」による施術料金の差もどんどん小さくなっています。

整骨院は国家資格取得者、整体院は無資格

また、整骨院の先生は国家資格を持っていて、整体院の先生は国家資格を持っていない無資格だ。こういった整骨院や整体院の違いを聞く事も多いと思います。

ちなみにこの場合の資格とは「柔道整復師」という国家資格の事であり、この資格を持っていると保険請求を行う事が出来るんですね。

しかしこの違いに関しても、最近はどんどんあいまいになっています。

何故なら私のように「柔道整復師」の国家資格を持っているのにも関わらず、全く保険を利用せずに完全実費診療のみで施術を行っている人間もいるからなんです。おそらく私のような人間は今後もどんどん増えていく傾向だと思います。(事実、私の周りの同業者はどんどんこういった方向のやり方の人が増えています)

何故保険を使えるのに保険を適応しない経営者が増えているのか?理由は単純です。正直に言って国が定めている保険請求の収入だけでは、安すぎて経営が成り立たないからです。

国が定めている保険請求額は、私が整骨院の業界に入った当初と比べれば半分ぐらいまで減額されています。

(逆に言えば昔が優遇されすぎていたと思いますが)

マッサージや機械をいくつも使って、流れ作業のように治療を行う整骨院であれば、一日に診れる人数も多いと思いますので保険収入でも経営は成り立つでしょう。

しかし、一人ひとりの施術に時間をかけて行うような経営スタイルでは、もはや保険収入だけで経営を成り立たせる事は困難です。

そのため、一人ひとりにじっくり時間をかけて施術を行うような整骨院の場合は、例え資格を持っていても今後どんどん保険の部分を縮小させて実費診療の分野に進出するはずです。

その結果、資格は持っているけど保険を使わず、整骨院と名乗らずに整体院と名乗る治療院も増えていくでしょう。(実際に増えています)

保険診療と保険が使えない治療院はどちらがオススメ?

これもよく聞く質問の一つですが、この質問に関しては何とも答えにくいものがあります。整骨院や整体院に求める物が患者さんによって異なるからです。

変な言い方ですが、単に慰安的なマッサージなどを求めているのであれば、保険適応の一般的な整骨院が良いんじゃないでしょうか?

マッサージなどではなく痛みなどの改善を本気で求めているのであれば、今の時代は実費診療を行っている所の方が症状が改善する可能性は高いかも知れません。

先ほども説明させていただいたように、国が定めている保険請求額が減少していますので、一人ひとりに時間をかけてしっかり施術するような治療院は実費診療に移行しています。

もちろん、あくまで傾向であって絶対どちらがオススメというような意見は言えませんが、もし整骨院か整体院かで迷っているのであれば、このページの内容を役立てて下さい。

まとめ

ここで簡単にまとめさせていただきますね。

整骨院と整体院の最大の違いは、保険適応かそうじゃないかです。そしてその保険が使えるか使えないかは、国家資格を持っているかどうかで決まります。

しかし最近は保険請求で経営を成り立たせるのが非常に難しい状況になっており、整骨院の経営スタイルがどんどん整体院に近づいていっています。

そのため、最近では整骨院と整体院との違いがどんどんあいまいになっており、この現象は今後も続いていくと思われます。
スポンサーリンク



おすすめの記事

整骨院や整体院の口コミ、エキテンサイトの嘘やヤラセ

多すぎる整骨院、接骨院が乱立した理由

整体師になるにはどうしたらいいのか?資格や開業について

整骨院になるには?必要な資格、開業、年収について

その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]