とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

整骨院、整体院、集客でポスティングチラシの効果とコツ

time 2016/09/15

整骨院、整体院、集客でポスティングチラシの効果とコツ

はじめましての人ははじめまして、いつも記事を読んでくれている人はありがとうございます。私は以前は整骨院、今は整体院を経営している者です。

タイトルにもある通り、私はポスティングチラシという集客方法を実践して一時期そこそこのお客さんの集客に成功していました(実は今はホームページからの集客がうまくいっているので行っていませんが)

どういったジャンルのお店の経営であっても、集客に苦労している人は非常に多いと思います。

私の経験上ですが、ポスティングチラシはポストに入れる労力もご自分で行えば、非常に安価で即効性の高い集客方法だと思います。

そこでこのページでは、私が実際に行ったポスティングチラシの効果とコツについて説明させていただきます。

少なくとも整骨院や整体院を経営している人にとっては役に立つ情報になっていると思いますし、場合によっては飲食店や他のジャンルのお店を経営している人にも役立つ可能性はありますので、ポスティングチラシに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



 ポスティングチラシの反響率を上げるためのコツ

ポスティングチラシの反響率は0.1~0.2パーセントぐらいが平均的らしいです。反響率とは簡単に説明すれば、ポスティングをしてどれぐらいの成果があったのかの数字です。

0.1~0.2パーセントという事は1000枚配ってお客さんが1人2人来るという事になりますね。当然この数字は業種や条件によって大きく異なります。知り合いの話を聞いていると、整骨院や整体院のポスティングの反響率はだいたい高くて0.3パーセント前後ぐらいの印象があります。

私がポスティングをしていた時の反響率は、お店から徒歩20分圏内ぐらいの近い場所であれば0.7パーセントぐらいありました。その後は実験もかねてお店から遠い地域も含めて配りまくりましたので、最終的には0.5パーセントを少し切るぐらいの反響率に落ち着きましたけどね。

ちなみに私のお店は保険を一切使わずに完全実費(つまり料金が高い)でのお店なので、ハードルは高いはずなんですが同業者からすれば結構驚異的な反響率だったみたいです(自覚はなかったのですが)

フィルム封筒にチラシを入れると反響率は上がる

ここからは実際に私が行ったポスティングチラシのコツについて説明させていただきます。見出しでも軽く触れていますが、A4サイズのチラシを三つ折りにしてフィルム封筒に入れて配ると反響率はかなり上がります。

thumbnail_p_20160915_1356281

(↑フィルム封筒とはこういった透明な袋の事です)

偉そうに説明していますが、実はこの方法はある患者さんに教えてもらった方法なんですけどね。

その患者さんは凄腕の保険レディの方でその人曰く、ポストに入っているチラシなんてほとんどは見ずに捨てられてしまうから、まずは目に止まる仕掛けが必要。フィルム封筒に入れておけばとりあえず「何これ?」と気にしてもらえるらしいです。

また、ポストには大量にチラシが入っていますので、チラシの紙がぐしゃぐしゃに折れ曲がる事も多いんですね。お客さんからすればポストに入っている時点でチラシがぐしゃぐしゃに折れ曲がっていればその時点で「ごみ」確定ですので見られる事はありません。(ゴミ箱に直行です)

実際にこういった事に関しては、ポスティングチラシで来られたお客さんにも似たような事を言われました。

「透明の封筒に入っていたから思わず見てしまった」だとか「他のチラシと違って目立つ」などですね。また、フィルム封筒に入れている方がそのままチラシを保管する事が出来ますので、配って数ヵ月後、数年後にお客さんが来るという事も非常に多かったです。

ポケットティッシュを入れると更に反響率アップ

実はこの凄腕保険レディさんのアドバイスはもう一つありまして、そのもう一つのアドバイスとは「フィルム封筒の中にチラシの他にポケットティッシュを入れると更に反響率が上がる」といったアドバイスでした。

これも正にその通りで、確かにポケットティッシュを入れると反響率は上がりました。

別にポケットティッシュが入っていてお得だからお客さんの反応が良い訳ではなくて、ポケットティッシュを入れているとフィルム封筒が膨らみますので、その結果目立ちやすくなるんですね。

もう当時は本当にこの凄腕保険レディさんに頭が上がりませんでした(会社から支給される名刺に金箔貼ってましたからね。どんだけすごいねん)

ただ一つ問題がありまして・・・正直に言ってポケットティッシュって結構高いんですよ。どれだけ安い物を探しても1個の値段は3円前後します。

今の時代チラシの値段はA4サイズで両面フルカラーでも、ネット印刷などで大量に注文すれば1枚1.1~1.5円ぐらいで作る事は可能なんですね。透明のフィルム封筒も1枚1円前後ですので、チラシとフィルム封筒だけだと1枚2.5円以下には絶対なります。

つまりポケットティッシュをつけると単純に1枚当たりのコストが倍以上に膨れ上がるわけです。

確かにポケットティッシュをつけると反響率は上がりますが、それでも入れない場合と比べて倍も変わるほどの反響率の変化があるかと言うとそれほどの変化はありません。

そのため、コストを考えればチラシとフィルム封筒だけで十分な効果は期待出来ると思います。

もしくは不動産や保険の営業のように、1件契約が取れるだけで大きい利益が見込めるような業種なのであれば、ポケットティッシュも有効かも知れませんね。
スポンサーリンク


お店から遠くの地域にポスティングする時のポイント

もちろん業種によっても異なると思いますが、チラシを配る地域がお店から離れれば離れるほど反響率は一般的に下がります。一説によれば徒歩20~30分以内ぐらいが最も効果が高く、それ以上離れると急激に反響率は下がるそうです。

実は私はこういった事を全部無視して、一時期配れる所は全部配りまくってみました。そうすると遠い地域でも反響率が結構高い地域も存在するんですよね。逆に近くでも反響率が高くない地域もありました。

ここからは私の個人的な経験則ではありますが、遠い地域でも反響率が望めるポイントについて説明させていただきます。

お店の近くの交通量の大きい道路沿いであれば遠い地域でも反響率は高い

見出しでもう説明していますが、結構遠い地域であったとしても、お店の近くを通っている国道や交通量の多い道路沿いの地域であれば高い反響率は望めます。

ちなみに私のお店はすぐ近くに、交通量の多い国道が通っているんですが、その国道沿いであれば車で30~40分程離れた場所であっても、反響率が0.5パーセント近くあった地域は存在しました。

車で30~40分って結構な距離ですよ!?

そういった地域から来られたお客さんに話を聞いていると「遠いけど、お店がどの辺にあるかすぐにイメージできたから来やすかった」というような話をよく聞きました。

つまり遠くても、普段から良く使う生活道路などで簡単にアクセス出来る場所であれば、遠い地域でもポスティングの効果は高いんです。

線路、高速道路、大きめの川を隔てた地域は近くても反響率は下がる

生活道路に使っているであろう道路で、簡単にアクセス出来る場所であれば遠い地域でも反響率は高いと上記では説明させていただきました。

逆に言えば、近くても普段からあまり行き来する事のない地域の場合は反響率は下がる傾向があります。

例外もあると思いますが、線路、高速道路、大きめの川などでお店から隔てた地域に関しては、急激に反響率が下がる傾向がありました。

お客さんに話を聞いていても、線路や高速道路、大きめの川の向こう側には普段からあまり行かないという人が多く、近い地域でもこういった場所に該当する地域はポスティングは避けた方が良いかも知れません。

ポスティングチラシを行う時の注意点

ポスティングチラシは業者に頼む人もいれば、ご自分でポストに投函する人もいると思います。

ちなみに私は全部自分で行いました。お金の問題もありますが、何万枚と配っていると業者さんが行っているポスティングのひどさが良く分かります。

空き家であっても入れている人もいますし、チラシがぐしゃぐしゃになっても入れている人もいますし、明らかにゴミ箱にまとめて捨てているであろう現場も目撃した事があります。

全ての人間がそういった悪い事をしている訳ではありませんが、中には粗悪な業者さん、もしくは悪いスタッフがいる事は間違いありません。

時間と労力は勿体無いですが、ポスティングチラシは正確に行えばある程度しっかりした結果が出る宣伝方法です。お金を払って変な配られ方をするぐらいなら、自分で行った方が確実に成果は出ますので、もし面倒くさくなければご自分で配るようにして下さい。

マンションより一軒家の方がオススメ

ご自分でチラシを配る場合、手っ取り早く数をさばくには、マンションなどでポスティングをする事が最も効率が良い事は間違いありません。

しかし、今の時代はほとんどのマンションでポスティングを禁止していますので、その中で配るとトラブルが非常に多いのも事実です。

また、マンションは色々な業者が大量にポストにチラシを入れていますので、一軒家と比べて反響率がかなり下がります。大量にチラシが入っていると、一つ一つのチラシを良く見ないで全部ゴミ箱にいってしまうんですね。

一軒家はそこまでチラシの量は多くありませんので、ポスティングチラシの反響率も高い傾向があります。

また、一軒家でトラブルにあった事は一切ありませんので、精神衛生的にも一軒家に集中したポスティングをお勧めします。

誰に何を言われても動じないメンタルがあるのであればマンションでポスティングをしても良いですが、場合によっては配っているチラシのお店の評判にも関わってきますので、マンションを配る時は気をつけて下さいね。

まとめ

最後に簡単にまとめさせていただきますね。

このページで説明させていただいた方法は、私が実際に2年近くポスティングチラシを行った経験則から得た情報です。

個人的な見解ではありますが、同業者に教えた所みなさんそれなりに結果は出ていますので、自分で言うのも生意気ですが結構信頼出来る情報になっていると思います。

しかし、ポスティングチラシで最も大切なのは「チラシの中身」になります。

このページではあくまで配る時の注意点やコツに限定した説明になりますので、チラシに関してはご自分で良い物を作るように心がけて下さいね。

もしよろしければ「集客でお困りの整骨院、整体院のチラシ作りのコツ」という記事でチラシ作りについても説明していますので、興味のある方は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]