とある整体師の戯言日記

多趣味で国家資格保持者の整体師が健康に関する事と、普段の生活の中で役立つ情報を発信していきたいと思います

ヴァンフォーレ甲府が吉田達磨氏を監督に選んだ理由や背景

time 2016/11/16

ヴァンフォーレ甲府が吉田達磨氏を監督に選んだ理由や背景

2016年11月15日、J1に所属しているヴァンフォーレ甲府は2017年度の新監督に吉田 達磨(よしだたつま)氏が就任する事を公式に発表しました。

吉田監督と言えば柏レイソルの下部組織でパスを細かく繋ぐ攻撃的なスタイルを浸透させ、優秀な選手を数多く輩出した事が非常に評価されており、2015年には柏レイソルのトップチームの監督に、2016年はアルビレックス新潟のトップチームの監督としてチームを指揮しました。

しかし、2年契約だった柏レイソルでは途中の1年で解任、アルビレックス新潟でもシーズン終盤に解任されていまい、2年連続での途中解任をされている監督でもあります。

そこでこのページでは、ヴァンフォーレ甲府がトップチームの監督としては少し疑問符がつきつつある吉田達磨氏を、新監督としてオファーした背景や狙いについて述べさせていただきたいと思います。

Jリーグに興味のある人は是非参考にして下さいね。
スポンサーリンク



4年連続でJ1残留に成功しているが、今の堅守速攻スタイルでは限界が見えている

ヴァンフォーレ甲府はJ1の中でも最小の人件費で戦っている地方チームです。そういったチームが4年連続でJ1残留を果たした事は素直に賞賛すべき事だと思います。

この4年間、ヴァンフォーレ甲府は守備を重視し、堅守速攻スタイルで勝ち点を稼ぐというスタイルを徹底して残留を果たしてきました。

戦力で劣るチームが、結果を出すために理想を捨てて現実的な戦術を徹底させる事は悪い事ではありませんし、私は個人的にこういったチームがJリーグに存在する事を好意的に考えています。

しかし、こういったスタイルでのチーム運営には色々限界も見えてきていました。

魅力のない戦術は選手の流出を招く

ヴァンフォーレ甲府は財政的に強くないチームですので、優秀な選手が他のクラブに移籍してしまう理由の一つにお金の問題が関わっている事は間違いないでしょう。

ただし、以前にヴァンフォーレ甲府に在籍していた選手の話の中には、ヴァンフォーレ甲府のサッカーは消極的すぎてつまらないといった意見も多くありました。攻撃的なポジションの選手でも必要以上に守備的な役割を求めるため、選手にとってはあまり面白くないサッカーなのかもしれません。

実際に毎年のように主力が他のチームに引き抜かれる事には財政的な問題も勿論ありますが、おそらくこういったヴァンフォーレ甲府の戦術的な問題も少なからず関わっている可能性が高い事は以前から指摘されていました。

見ているサポーターも限界

サッカーの見方や楽しむポイントは人それぞれだと思いますが、やはりサッカーで最も盛り上がるのは攻撃中でありゴールの瞬間です。

私はヴァンフォーレ甲府のサポーターではありませんので、基本的にヴァンフォーレ甲府の試合はテレビでしか見ませんが、個人的には守って守ってカウンターで数少ないチャンスでゴールを決めて、後はヒヤヒヤしながら守り抜くという試合は見ていて決してつまらないとは思いません。

しかし、実際にスタジアムでこういった試合を毎回見たいかと言うと答えはやはりNOです。

理想を追求せずに、現実的に守備を徹底的に重視した戦術のおかげでJ1に残留している事は間違いありませんが、やはり見ているサポーターにも我慢の限界がきてしまい、残念ながら観客動員数も減少傾向が続いています。

成績面でも限界

一般的につまらないと考えられている戦術でも「結果」がついてこれば納得も出来ますが、この「結果」の部分でも行き詰まり感が出ています。

2016年度のヴァンフォーレ甲府の勝ち点は31。一般的にJ1の残留ラインは34前後と考えられており、2016年度のシーズンも成績だけ見れば降格しても決して不思議な数字ではないんですね。

「堅守」と言われている失点数に関しても、2013年は41、14年は41、15年は43、16年は58と、守備的に戦っていても決して少ない失点数ではなくなってきており、成績面でもかなり行き詰っている状態なんです。

今のままでもいずれは遅かれ早かれ降格の可能性が決して低くはなく、何かを変えなければとヴァンフォーレ甲府が考えた結果が、今回の吉田監督の就任なんだと思います。
スポンサーリンク


ヴァンフォーレ甲府にとっては吉田 達磨(よしだたつま)監督の就任はリスクも大きい

吉田監督はディフェンスラインを高く保ち、パスを細かく繋いで攻撃的なサッカースタイルを目指す監督です。近年のヴァンフォーレ甲府の守備的な戦術とは真逆な戦い方であり、相性という面では決してよくない可能性が高いんですね。

実際に2016年度に吉田監督が指揮していたアルビレックス新潟の場合は、元々カウンターを主体としていたチームを急激にポゼッションサッカーに切り替えたために低迷してしまいました。

そしてポゼッションサッカーは戦術がある程度浸透するのに時間がかかる事が多く、戦力的に余裕のないヴァンフォーレ甲府が目指すにはJ1残留を考えた場合にはかなり難しいミッションになるかもしれません。

もしかしたらJ2に降格する事も視野に入れているかもしれない?

こんな事を言うとヴァンフォーレ甲府サポーターに怒られてしまうかもしれませんが、ヴァンフォーレ甲府を攻撃的で魅力的な戦術で戦うチームにして、尚且つJ1に残留するという理想と現実を同時に目指すというのは非常に困難な事だと思います。

内容はどうであっても、財政的にJ1で戦う事が難しかったヴァンフォーレ甲府が、4年連続でJ1に残留出来たのは間違いなく守備的に戦ったおかげでしょう。

大きな補強が出来ないチームだと思いますので、そういったチームを攻撃的なスタイルにするにはある程度の期間は必ず必要になります。

その結果、J2に降格する可能性も申し訳ありませんが低くはないと思います。

しかし今回の吉田監督の就任は、そういったJ2降格の可能性も含めて中長期的な戦略で引き受けてもらったのであればある程度納得できます。

ある記事によると、吉田監督に育成年代も含めて全権を任せるような内容も目にしました。

吉田監督は柏レイソルの育成年代で大きな成功を挙げている監督ですので、育成年代も含めてヴァンフォーレ監督を長期的に攻撃的なスタイルに作り変えるというのであれば、時間はかかるかもしれませんが非常に楽しみな試みだなと思います。

過去にも、J2に降格しても監督を交代せずに継続した事によって飛躍したクラブはいくつも存在します。

何だか2017年度シーズンのヴァンフォーレ甲府が、J2に降格する事を前提に話しているみたいで申し訳ありませんが、出来れば中長期的な目でどういったチームになっていくのかを見てみたいなと、一Jリーグファンである私は考えています。

みなさんも2017年度以降のヴァンフォーレ甲府に注目してみて下さいね。
スポンサーリンク



その他

管理人のプロフィール

とある整体師

とある整体師

サッカー大好き!特にJリーグのガンバ大阪をこよなく愛し、漫画もアニメも大好きなオタクです。職業上は健康に関しての知識も深いので、みなさんのお役に立てる情報を発信していきますのでよろしくお願いします! [詳細]